お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 不調

寝不足?上手に「睡眠の借金」を清算する方法―アメリカ研究

寝だめはできないと言いますが、実は睡眠不足は清算できる事がハーバード大学医学大学院の研究により判明しました。睡眠時間が少なくなってしまっても、その時間を適切な方法で取り戻すことができるのだそうです。しかし、睡眠不足が何週間、何ヶ月にも渡り続いてしまった時は、睡眠の借金は蓄積され始めます。

そして取れなかった分の睡眠時間を取り戻すのに長い時間がかかってしまします。身に覚えがありますか?もし、睡眠不足で悩んでいるのなら、今こそ睡眠の借金を完済するときです!では、その方法をお教えします!

【寝不足だと感じる睡眠時間1位「4~5時間 31.9%」】

・短い期間の睡眠不足を解消する場合
例えば、一週間で合計10時間睡眠が足りなかった場合、週末に3~4時間いつもより余分に寝て下さい。そして次の週は、その10時間が完済するまで、毎日1時間か2時間余分に寝てください。

・長い期間の睡眠不足を解消する場合
短い休暇を取るようにしましょう。そして目覚まし時計をセットせずに、自然に目が覚めるまで寝続けましょう。

・新たに借金を作らないようにするためには
自分にとって必要な睡眠時間が分かったら、毎日その睡眠時間を確保できるように心がけましょう。少なくとも、平日は毎朝同じ時間に起床し、同じ時間に寝るようにしましょう。

毎日忙しく働く私たちにとって睡眠はとても重要です。少しでも睡眠時間を清算できるように、週末はゆっくり過ごすようにしてみてはいかがでしょうか?

It’s Time to Settle Your ‘Sleep Debt.’ Here’s How.
http://nymag.com/scienceofus/2014/09/how-to-dig-yourself-out-of-your-sleep-debt.html

お役立ち情報[PR]