お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

謝るにはプライドが高すぎる?では「謝罪代行」サービスを使おう!

謝りたくないけど謝っておかない相手が居る、はたまた重大なミスを犯して謝罪に行くのも恐ろしい、そんな相手が居るならば、こんなサービスにお任せしてしまってはどうでしょう?「謝罪代行サービス」を使えば、謝罪の「プロ」が、様々なシチュエーションに合わせた方法であなたの代わりに相手に謝罪をしてくれます!

【失敗して相手が激怒!こじらせない謝罪方法とは?「すぐ謝罪」「服は紺かグレー」】

プロを雇うことで、あなたが気まずいシチュエーションを回避できるだけでなく、相手に適切な謝罪を届けることができるというこうしたサービス、例えば友人や彼氏・彼女になりすまし、愛人に謝罪して別れる手助けをしたり、あるいは配偶者や家族になりすまし、仮病を使いたいクライアントに代わり会社に欠席の謝罪連絡を入れることも可能なのだとか。

こうして対面・直接の謝罪を回避し、過失への誠意ある対応を免れさせるサービスに対しては、批判の声もあるのだとか。しかしながら業績は好調だそうで、クライアントは40%が女性、で20~40代が中心となっているそう。

最も多い依頼理由は、痴情と金銭にまるわるものとなっています。

お値段は謝罪の内容・状況によって異なり、謝罪代行専門の「アイガプロ」では、対面謝罪は2万5000円、e-mailや電話での謝罪は1万円から。便利屋の「横浜便利屋なっちゃん」では、お値段は完全に応相談で、「泣いて謝罪」サービスもあるのだとか。

プロによる謝罪対応、利用側にはありがたいサービスのようですが、でもいざ、あなたへの謝罪に謝罪代行サービス屋さんが来たとしたら…?

Too Proud to Say You’re Sorry? In Japan You Can Pay a Specialized Agency to Do It for You
http://www.odditycentral.com/news/too-proud-to-say-youre-sorry-in-japan-you-can-pay-a-specialized-agency-to-do-it-for-you.html

お役立ち情報[PR]