お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

夫婦間の持ち出しにくい話題4つのうまい持ち出し方

オーストラリアの雑誌社、グッドヘルスのアンジェラ・バレットが夫婦やパートナー間で持ち出しにくい4つの話題と、それに対するそれぞれの専門家からのアドバイスを挙げています。

【いったい何が違う?仲良し夫婦が実践しているシンプル会話術4種】

(1)飲みすぎじゃないの?
と責める前に、まず思いやりと心配する気持ちを持って接することが大事です。もし批判的な決め付けでものを言ったりすると、パートナーは守りの態勢に入り、あなたの言うことに一切耳を貸さなくなるかもしれません。パートナーが飲んでいないときを狙って、話を持ち出してみましょう。

大半の男性は、自分は飲みすぎていないと否定するでしょうが、このように話してみては?

「気付いてるかどうか分からないけど、あなたは飲むとまるで別人みたいに態度が変わるんだ。だから心配なの。私だけじゃなく、友だちとか職場の人、体にだって悪い影響を及ぼすんじゃないかな。あなたのことを愛しているけど、アルコールが私たちの関係を蝕んでると思う」もし、この会話が難しいのであれば、専門家に相談しましょう。

(ニューサウスウェールズ州、シドニー、ノースサイドクリニック看護ユニットマネージャー、アン・ブルースより)

(2)あなたに嘘ついてたんだけど……

彼が自身の立場の悪くなる何かを白状したときのことを思い出させることから始めます。そして、「私のもあのときと似てる状況なの。あなたに話さなきゃならないんだけど……私、嘘ついてたんだ。」と。いつ嘘をついたのか話して、嘘をついたことをまず謝りましょう。

騙していたことが間違いであったと認め、なぜ嘘をつかねばならなかったのか理由を明らかにしましょう。彼が怒りや悲しみの反応を見せたら、ただ寄り添って落ち着くまで待ってから、二度と嘘をつかないと約束し愛していることを伝えてください。

(ビクトリア州、リッチモンド、臨床心理学者、ジャネット・ホール博士より)

(3)もうあなたと終わりにしたいんだけど……

どんなに夫婦生活(付き合い)が長くても、別れの会話は、ショートメールやemailではなく、面と向かってされなければなりません。「話すべきことがあるんだけど…」と切り出し、あなたの意思を相手に伝えます。例えば、「私たちの相性は良くないと思う」や、「他に好きな人ができたの」などのように、はっきりした理由を述べ、「あなたじゃなく私の問題なの。でも他の人を騙して関係を続けていくのは、愚かなことだと思う」と言うことも忘れずに。

誤った希望を与えてはいけません。「いつかまた一緒になれるといいね」などといった言葉は優しく聞こえるかもしれませんが、彼が踏ん切りがつかなくなるだけです。

(ニューサウスウェールズ州、シドニー、臨床心理学者、ジョー・ランブルより)

(4)あなた、変わる必要があると思う

はじめに理解するべきことは、問題が何であれ、相手だけが悪いのではないということです。もし変化がほしいのなら、お互いに変わる必要があります。「あなたは私の話を聞こうともしない」とか、「あなたはいつも怠けてばかり…」などと言っても、彼は聞く耳を持たないでしょう。

『あなたは』ではなく、自分が主体になる『私は』で始まる言葉を選ぶと良いです。彼が急いでないときを見計らって、「私は○○(悲しい、怒っているなどの感情表現)。」、「私があなたに望むことは、○○なの。」と切り出してみましょう。

そして、そのために自分も変わることを伝え、小言を言うのを止めましょう。

(ニューサウスウェールズ州、テリガル、心理学者、メラニー・ケリーより)

How to have those tricky conversations
http://health.ninemsn.com.au/family/goodhealthandmedicine/8899869/how-to-have-those-tricky-conversations

お役立ち情報[PR]