お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 不調

垂れるのはイヤ! 美乳のために心がけていること「半身浴にして、胸の上までお湯がこないように」

目を引く大きなバストもいいけれど、形もよくなきゃ女子の魅力は発揮できません。そこで今回は、美しいバストを維持するために気をつけていることを、働く女子のみなさんに聞いてみました。

■ブラジャーをきちんと着用する

・「夜寝るときにも寝る用ブラをつけて寝ること」(32歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

・「定期的に下着ショップでちゃんとサイズを測って合ったブラをつける」(26歳/金融・証券/事務系専門職)

バストにあったブラジャーを着用することはとても大切。カップ数が小さかったり大きかったりすると、余計に締めつけられたり、きちんと胸がおさまらなかったりして、形が崩れてしまうことも。

■胸を支える筋肉を鍛える

・「腕立て伏せをして、胸の筋肉を鍛えています」(31歳/ソフトウェア/事務系専門職)

・「ダンベル運動している。姿勢をよくする」(27歳/学校・教育関連/専門職)

大胸筋を鍛えることで胸がしっかりと支えられ、年齢を重ねても上向きバストをキープし、垂れない美乳へと近づけることができます。

■入浴・体操・姿勢に気をつける

・「バストアップの体操をして、保湿もしっかり行っている」(31歳/学校・教育関連/技術職)

・「お風呂は半身浴にして、胸の上までお湯がこないようにする」(30歳/金融・証券/秘書・アシスタント職)

・「姿勢を正すようにしている」(24歳/医療・福祉/専門職)

胸を大きくしたり離れていた乳房を元に戻すなどの効果があるマッサージをあげる人もいました。また、将来的に垂れたり離れ乳にならないよう、姿勢を正しくしようと心がけているようです。

■栄養のある食事で体をきれいに

・「女性ホルモンを活性化する食べ物を心がける」(31歳/医薬品・化粧品/技術職)

・「毎日ヨーグルトを食べる」(26歳/アパレル・繊維/事務系専門職)

バストの形にこだわることもいいですが、失ってはいけないのは肌のハリとツヤ。栄養のあるものをしっかり摂取して、内面からも美しく!

自分に合う下着をつけたり、大胸筋を鍛えたり、食事に気をつけたり……、美乳キープの対策を意識的に行っている人が多く見られました。垂れてしまってからでは遅いのが、バストケア。ぜひこれらを参考にして、今日からあなたも美乳を目指してみませんか?

※画像は本文と関係ありません

(ファナティック)

※『マイナビウーマン』にて2014年9月にWebアンケート。有効回答数208件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]