お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

未婚男性と既婚女性に聞いて判明!夫の小遣いの理想と現実、ギャップ差はいくら?

独身男性の皆さんは、結婚してお小遣い制になった場合、月にいくらぐらいのお小遣いが欲しいと思いますか? また世の奥様方は旦那さんにいくらお小遣いを渡しているものなのでしょうか? そのギャップを調べてみました。

【結婚後の生活で「嫌だ」と思うこと 1位「お小遣い制」2位「ひとりの時間が持てない」】

■独身男性の希望は30,000-50,000円!

まず、独身の男性読者81人に、結婚後お小遣い制になった場合、月にいくらもらいたいのか聞いてみました。その結果は、以下のようになりました。

・50,000円……29人
・30,000円……15人
・100,000円……13人
・40,000円……9人
・20,000円……3人
・15,000円……2人
・1,000,000円……1人
・70,000円……1人
・60,000円……1人
・10,000円……1人
・5,000円……1人
・特にいらない……1人
・給料全額……1人
・飲みに行けるだけのお金でいい……1人
※無効:2票

独身男性に聞いてみたところ、最も多かったのが「月に50,000円欲しい」というもの。次が30,000円、次いで100,000円でした。最低でも30,000円は欲しいということですね。

次は、上位3つの金額について、その金額のお小遣いが欲しい理由を聞いてみました。

●月に50,000円欲しい理由
・会社での付き合い+プライベートにも使えるくらいに余裕を持たせた金額がこれ。(21歳男性/建設・土木/技術職)
・飲み会によく参加するので、このくらいの金額がないとやっていけない。(33歳男性/情報・IT/経営・コンサルタント系)
・独身の現在のお小遣い金額と同じぐらいなので。(29歳男性/小売店/事務系専門職)

●月に30,000円欲しい理由
・昼食代や飲み会や趣味のお金を考えると最低これぐらいは欲しいから。(30歳男性/情報・IT/技術職)
・給料の10%程度は欲しいから。(48歳男性/情報・IT/技術職)
・未婚でも実際それくらいあれば残すことができる金額。(44歳男性/情報・IT/クリエイティブ職)

●月に100,000円欲しい理由
・今使っている額からするとかなり抑えてこの金額。付き合いを経費扱いにしてくれればここまでいらないのだが……。(46歳男性/電力・ガス・石油/技術職)
・お小遣いの金額で困りたくないのでこれくらい欲しい。(38歳男性/情報・IT/技術職)
・これくらいあれば、お小遣いの残額などをあまり気にせず過ごせる。(30歳男性/金融・証券/事務系専門職)

上位3つのお小遣い額については、このような理由が挙げられています。感覚は人それぞれですが、50,000円や30,000円については、最低でもこの金額があればやりくりできるというものが多く、100,000円欲しいことについては、この金額だと懐に余裕ができるというものが多かったですね。

■現実は厳しい……?

次は、既婚の女性読者182人に、現在旦那さんにお小遣いはいくら渡しているのかを聞いてみました。その結果は……

・30,000円……69人
・50,000円……58人
・40,000円……18人
・20,000円……16人
・10,000円……4人
・100,000円……3人
・15,000円……1人
・60,000円……1人
・70,000円……1人
・80,000円……1人

となりました。おおむね、独身男性が希望する結婚後のお小遣い金額と同じような結果です。「お父さんたちは希望する金額のお小遣いがもらえていない!」なんて言われていますが、結婚前に想定していた金額はちゃんともらえているのかもしれませんね。

最近は不況や増税などで家計の負担も増加しています。お父さんのお小遣いにも影響しており、今後はお小遣い額が減る可能性もあります。最低でも30,000円はもらえるよう、頑張らないといけないかもしれません……。

※マイナビウーマン調べ。(2014年8月にWebアンケート。有効回答数472件。19歳~77歳の社会人男女)

(中田ボンベ@dcp)

お役立ち情報[PR]