お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

社内政治力を高める戦略5選「全ての人の意見を聞き、中立を保つ」

同僚やお局同士の小競り合いからはたまた上司たちとの関係作りまで、社内コミュニケーションの荒波を上手に乗り切るため、あなたはどんな対策を取っていますか?ビジネスマン向け情報サイト「BUSINESS2COMMUNITY」が、どのオフィスでも役立ちそうな社内政治力を高めるコツを紹介しています。

【仕事白書「社内の挨拶はどこまで?」】

○「1対1のコミュニケーションを大切にする」
いつもゴシップ話を広めるのが誰かは知っているはず(知らなければこのリストにもう一つ、「ゴシップもとを知る」と加えましょう)。そうであれば、思い切ってこうした人たちとランチや夕食などに出かけて一対一で話す機会を設けましょう。

あなたのことをより知れば、あなたに対する不安感や警戒感などから出ているゴシップへの対策になります。

○「相手によって買えず、立ち居地を決めて全ての人に公平に振舞う」
社内政治に対する姿勢は、「逃避」「攻撃」「動かない」の三つに別れるのだとか。逃避したり動かずじっとしているのは受身過ぎるとしても、「攻撃」ポジションもやり方に気をつけて。自分がやっかいな社内政治の要因の一つにならないよう、社内の問題を「解決する」積極姿勢を維持するようなポジションを貫ければ良いでしょう。

○「全ての人の意見を聞き、中立を保つ」
いくつかの派閥に分かれていたり、何かに賛成・反対する向きに分かれているオフィスの人々、同じ意見を持っているかに見えても、個別に話すとそれぞれの意見は多かれ少なかれ異なるもの。そのため、全ての人の話を聞き、意見を理解し、純粋にあなたに好感を持ってもらうよう勤めましょう。

○「自分の信じることをして、その結果も自分で受け止める」
社内政治があなたのオフィスでの目標を邪魔する材料とならないようにしなければいけませんが、社内政治に関わる誰かと共同作業や同じプロジェクトを担当している時には難しいもの。でも、自分が正しいと思ったことをして、そのプラスとマイナスの結果を自分自身で受け止めるようにしましょう。

○「誰と話すべきかを常に覚えておく」
上の4つの項目は社内政治のプレイヤーを満足させるものではなく、仕事で成果を出し自分の上司を満足させることにつながるもの。いつでも、上司が不満に思っていることを解決するために行動を起こすことを念頭に置いて。

でも、もし自分の上司が社内政治ゲームの一角に居るのであれば、人事や他の影響力のある上役など、問題を相談する的確な相手を覚えておくこと。

5 Strategies to Handle Office Politics Like a Pro
http://news.monster.com/a/other/5-strategies-to-handle-office-politics-like-a-pro-dfff1f?WT.mc_n=CRM_US_B2C_LC_TWOM_Full_140912

お役立ち情報[PR]