お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

意外に寂しい人多し?!中国のオンラインサービス、バーチャル彼氏・彼女が「愚痴、聞きます」!

幸せはお金で買えなくても、同情や共感は買えるかもしれない?!そんな中国のちょっとユニークなサービスをご紹介。Eコマースサイト淘宝(タオバオ)を通して行われるこのサービスは、1日20から30元(約350~530円)を支払えば、理想のタイプの「バーチャル彼女・彼氏」を手に入れることができるというもの!高いのか安いのか?!

【ネットカフェにビキニ美女が登場。「バーチャルアイドルより私と会話して」(中国)】

まず、「ご近所さんタイプ」「年上の女性タイプ」「きさくな彼女タイプ」などなど、好きなタイプの「彼女」を選らんでお金を払い、モーニングコールをしてもらったり愚痴を聞いてもらったり、はたまたおやすみのメッセージを送ってもらえたりするというもの。

値段は、依頼内容によって変わるのだとか。女性も「CEO」、「イケメン」、「肉体労働系」などなど、好きな「彼氏」を選んで話を聞いてもらったりすることができるそう。

サービスを提供する20代前半の社会人女性、Xiaomiさんによると、常に携帯をチェックし、クライアントに対して遅れず返信をしなければならず、決して簡単な仕事ではないのだとか。でも、需要は拡大に伸びており、最初は1日7~8コールだったやりとりも、500コールを超えるようになり、7人のアルバイト女性を雇うまでになったとか。

男性たちの反応は?「1日たった20~30元で、独身男の夢が実現するんだ!」と述べる熱心なファンの声のほか、複数の楽しいバーチャル彼女を持つ男性からは、ストレスを和らげてリラックスさせてくれる効果がある、との意見も。

こうした注文は、殆どが夜に集中するのだとか。中国の精神衛生の専門家Zhang Xiaoli氏によると、殆どの客は単純に好奇心からサービスを利用しているだけだと考えられるものの、ソーシャルスキルに欠ける人や退屈している人などの需要もあるのだろう、と話しています。

日本にあったら、みなさん利用しますか??

Chinese Men Are Paying Virtual Girlfriends to Listen to Them Complain about Work
http://www.odditycentral.com/news/chinese-men-are-paying-virtual-girlfriends-to-listen-to-them-complain-about-work.html

お役立ち情報[PR]