お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

プロ直伝!カラーリングを長持ちさせる9つのポイント

仕上がりの感じは良かったのに、もう色が落ちた……。あんなに高かったのに悔しい……。髪にカラーを入れた後、思ったより早く崩れてガッカリすることってありますよね。そこで、プロのヘアスタイリストに、カラーリングを長持ちさせる秘訣を教えてもらいました!

【自分に似合うヘアカラーを選ぶコツ】

1. シャンプーは72時間経ってから
3日間もシャンプーしないなんて!? でもこれが、カラーを長持ちさせる最大のポイント!

2. 無駄な「すすぎ」は避ける
お風呂に入るとき、髪をすすぐとき以外もずっと頭からシャワーを浴びるクセのある人は気をつけて!

3. 洗うときは水で
常温かそれより冷たい水が最適。髪を洗うときだけは、風邪を引かない程度に温度を下げてみると良いかも。

4. 普通のリンスやトリートメントは使わない
必ずカラーリングした髪専用のものを選んで使うことが大切。

5. 拭くときは優しく
タオルでゴシゴシせず、優しく水気を拭き取って自然乾燥させるのが一番。

6. ドライヤーやアイロンは最小限に
カラーリングした髪は熱に弱いので、できるだけ手早く済ませるのがコツ。

7. 光沢を補う
カラーリングをすると髪に艶が無くなるのは、髪の表面のタンパク質層の輝きが鈍くなるから。専用のトリートメントやスプレーグロスで補って。

8. 直射日光を避ける
直射日光をあまり長く浴びすぎると、色落ちの原因に。

9. 髪が伸びてきた部分だけタッチアップ
まず、生え際の必要な部分にだけカラーが入るよう注意。その後カラーリング剤を少量の水で濡らすようにのばし、シャンプーするときの要領で生え際に向かって手早く行き渡らせるとムラなく仕上がる。

9 Ways You’re Ruining Your Dyed Hair
http://www.goodhousekeeping.com/beauty/hair/ruining-dyed-hair

お役立ち情報[PR]