お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

サメにおそわれるのはいつだって男性。その理由は?

海を眺めるのは好きだけれど、どうしても水に入りたくない人がいます。その理由に「サメが怖いから」という人は案外多いものです。日本の穏やかな湾にある海水浴場などサメなど絶対現れない場所でも怖がるのはやはり映画などの影響が強いのでしょう。

世界一サメによる被害が多いのはオーストラリアなのだそうです。アメリカの海でもサメは出没していて多くの人が襲われていますが、オーストラリアに比べると死亡者数は圧倒的に低いことがわかっています。

またサメに襲われるのは男性が84パーセント、死亡者は89パーセントという高い確率を保っています。

なぜ男性がサメに襲われて死亡するケースが多いのでしょうか。

【サメ水揚げ日本一の気仙沼から生まれた復興メニュー「サメカツ定食」】

ボンド大学の研究によると、男性はサメを怒らせてしまう行動をとるケースがかなり多いからなのだそうです。

たとえば、サメに出会ったとき恐怖を感じて逃げるというよりもサメの頭をたたいたり、背中に触ったり、サメに飛び乗ろうとするツワモノもいるようです。

また釣りをしていてサメを釣り上げた場合、サメの口に入ってしまった釣り針を取り除こうと口の中に手を入れたりする人もいます。

この男性特有の「勇者気質」がサメによる死亡事故を増やしてしまっているそうです。

オーストラリアやアメリカの海でパートナーとバカンスを楽しむ際は、彼に「サメに遭遇したら、速攻退散」を繰り返し吹込んだほうがよいかもしれませんね。

Sharks nine times more likely to kill men than women, study says
http://www.telegraph.co.uk/news/worldnews/australiaandthepacific/australia/11075433/Sharks-nine-times-more-likely-to-kill-men-than-women-study-says.html

お役立ち情報[PR]