お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 誘うカラダ

露出はNG!? “色気を勘違いしている女”の特徴「貧乳なのに胸を出す」「太っているのにタイトな服を着る」

色気たっぷりの女性と聞いてどんな人物を思い浮かべますか? 胸元や背中のパックリ開いた服を着て、男性たちを魅了する美女でしょうか。ところがその想像、実践すると危険かも!? 今回は女性の色気について、社会人男性の意見を紹介します。

<色気を勘違いしている女性の特徴>

■露出が多すぎる

・「露出=色気とばかりに、やたら目ばかり引くファッションをする女性」(34歳/金属・鉄鋼・化学/その他)

・「むやみやたらに肌を出せばいいと思っていること。その人の雰囲気とか無理してる感じを出していないかが重要だと思う」(26歳/情報・IT/技術職)

露出すれば男性たちに注目されるだろうという魂胆が、男性側にも伝わっているよう。過度の露出は控えたほうがよさそうです。

■時間と場所を考えないファッション

・「場違いなところで露出が高い服を着る」(30歳/情報・IT/技術職)

・「キャバ嬢みたいな格好でいる」(31歳/商社・卸/事務系専門職)

肌を見るとドキドキしてしまいますが、不自然な場所で目に入ると印象が悪くなるようです。

■無理なボディコン

・「貧乳のくせに胸を出す」(30歳/食品・飲料/技術職)

・「太っているのにタイトな服を着る」(27歳/学校・教育関連/事務系専門職)

セクシーな服でも自分が着ると意外と貧相なことがありますね。無理をするよりも自分の体に合った服を着たほうが魅力を出せるかも。

では、逆に、男性に好まれる色気のある女性とは、どんな人なのでしょうか。

<妙に色気のある女性の特徴とは?>

■自然なフェロモンがある

・「触りたくなるオーラを放っている人」(27歳/金融・証券/専門職)

・「肌を見せている・いないにかかわらず発散されるフェロモン的なもの」(22歳/生保・損保/販売職・サービス系)

色気は露出で出るものではなく、その女性の全体的な雰囲気、オーラが大事なようです。

■少し隙がある

・「隙があること。あれ、この人、見えてるの気がついてない? とか、そういう」(35歳/機械・精密機器/営業職)

隙がありすぎるのはよくありませんが、少しの隙は逆に色気につながるみたい。

■自分をわかっている

・「自分の自信のある部分をいかにきれいに見せるか」(35歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

なんでも露出すればいいものではなく、自分のことをちゃんとわかったうえで、自信があるパーツをきれいに見せるのがドン引きされないポイントです。

■品のよさ&女性らしさ

・「上品さと女性らしいかわいさを兼ね揃えていること」(35歳/情報・IT/技術職)

あからさまなセクシーさよりも、品のよさがあったり、かわいらしさがあったりするほうがそそられるようです。

男性に聞いた、色気を勘違いしている女性と、妙に色気のある女性のちがいについて見てきました。肌の露出さえしておけば男性は喜ぶだろうという気持ちは意外と見え見えなのかも!? 注意しておきましょう。

※画像は本文と関係ありません

(ファナティック)

※マイナビウーマン調べ(2014年8月にWebアンケート。有効回答数116件。22歳〜39歳の社会人男性)

お役立ち情報[PR]