お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

緊急時、胸毛が多すぎるとAED(自動体外式除細動器)の電極パットが装着出来ないことがある

サウスウェスト航空で飛行中のアメリカ人男性乗客が、飛行中に心臓発作を起こし、CPRなどの救命処置が施されましたが亡くなりました。

KOAT TVによれば、未亡人は、夫の胸毛が多すぎるという理由で客室乗務員がAEDをすぐに使わなかった事に対し、クレームを寄せています。

【知らないと大切な人の命を救えない「AED」の知識とは】

実際の現場では、その後、男性の胸毛をカミソリで剃り、AEDが使われたようですが、蘇生には至らなかったようです。

「私は、客室乗務員に、医者や看護婦のようになれと言っているのではありません。しかし、この状況の中で、最初にすべきことはAEDの電極パッドを、正しく取り付けることだったはずです。」と未亡人はインタビューに答えています。

このクレームに対し、航空会社は、客室乗務員が手順どおりにAEDを扱ったと主張しています。

一刻を争う救命処置。AEDの使い方を各個人で知っておくことはもちろん、胸毛の多い家族やパートナーがいる方は、緊急事態に胸毛を剃る必要があることも、頭の隅に入れておいたほうが良いかもしれません。

セキュリティー会社セコムのウェブサイトで紹介されている、AED使用上の注意点には「胸毛の濃い傷病者の場合、電極パッドを貼り付ける前に胸毛を剃ってください。AEDの附属キットには、そのためのカミソリが付いています」と書かれています。

Widow claims airline staff refused to use defibrillator after husband Jack Jordan suffered heart attack due to his hairy chest
http://www.news.com.au/travel/travel-updates/widow-claims-airline-staff-refused-to-use-defibrillator-after-husband-jack-jordan-suffered-heart-attack-due-to-his-hairy-chest/story-fnizu68q-1227043213350

セコム:AED使用上の注意点について
http://www.secom.co.jp/business/medical/aed_faq03.html

お役立ち情報[PR]