お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

大切な人を失った時の悲しみ、どうすれば立ち直れる?カウンセラーが教える対処法とは

離婚、引越しによる別れ、大切な人との死別…人生の中で直面するさまざまな別れは、時として深い悲しみとなり、あなたを追い詰めることもあるかもしれません。悲しい別れを経験した時の対処法を、カウンセラーのニコラ・マーソネット氏が教えてくれました。

【パパにもしものことがあったら…残された家族が貰える遺族年金って?】

1、痛みを受け入れる
行動医学の研究によると、悲しみを受け入れずにいる方がますます辛くなるとのこと。喪失を受け入れ、心のどこかに留めておくこと、そしてその悲しみを自分なりに消化していくことで、長期的に見て無理なく対処できます。

2、気をそらす
痛みを受け入れたら、毎日自分を忙しくさせるような習慣を作ります。研究では、悲しみを乗り越えるためには他の事に気をそらすことも大切との結果が。

3、周囲のサポート
悲しみを乗り越えるためには、周囲のサポートが不可欠。自分がどんな方法で対処したいか(話を聞いてもらいたい、あるいは静かにしていたい等)を伝えて、周囲に理解してもらうことが大切。

4、思い出を形に残す
写真や動画、スクラップブッキングなどで形にして残すことで、あなたの歴史の一部として大切に保存できます。そして、思い出の品を使って人に話すことで悲しみを和らげる効果も。

Life after loss
http://www.natureandhealth.com.au/news/life-after-loss

お役立ち情報[PR]