お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 ボディケア

美容にも使える!ワセリンの驚くべき使用法「マニキュアのボトルを簡単に開ける」

薬局でよく見かける「ワセリン」。ただの石油由来の軟膏だと認識している人は多いのではないでしょうか?しかし、アメリカではそれ以外にもおむつかぶれやあかぎれを軽減するクリームとして幅広く使用されています。そして今日では美容にもよく使われていることをご存知でしょうか?

【安くて本当に使える!とっておきプチプラコスメベスト4「ハトムギ化粧水」「ニベア青缶」】

今回は驚くべきワセリンの使用法をお教えします。

1.マニキュアのボトルを簡単に開ける
ワセリンを綿棒に少しつけ、マニキュアのキャップの内側に塗ります。ワセリンはマニキュアのキャップを滑りやすくするので、簡単にキャップが開けられるようになります。

2.香水の香りを長く持続させる
少量のワセリンを香水をかけたい場所(手首、耳の後ろ、膝の裏、または足首など)に軽く塗ってから、香水をつけて下さい。ワセリンは肌に浸透するので、香りを持続させる効果があります。

3.髪を染める際に染料剤から肌を守る
染料剤を塗る前に、髪の生え際に沿ってワセリンを塗って下さい。肌に染料剤がつくのを避けられるだけでなく、すばやく簡単に仕上げることができます。

4.爪のあま皮を保護する
毎晩爪の周りのあま皮に軽くワセリンを塗って下さい。こうすることで、ひび割れや指先の乾燥を防いでくれます。

5.マニキュアを上手に塗ることができる
ワセリンを爪の周りに薄く塗れば、もし爪からマニキュアがはみ出てしまった場合でも、肌にマニキュアはくっつきません。

6.唇の古い角質をこすり落とす
ワセリンに少量の砂糖を加え、唇に塗ります。そして数秒間こすると、唇の古い角質が取り除かれます。その後、すすぎ落とし、保湿のためにワセリンを薄く唇に塗って下さい。

7.まつげにボリュームを与える
少量のワセリンをまつげに塗ると、マスカラのようにボリュームを与えくれます。

こんなにもたくさんの使用法があるワセリン。この事実に驚いた方も多いのではないでしょうか?まだ他にも色々な使用法が隠されているかもしれません。自分だけのオリジナルの使い方、探してみませんか?

9 Surprising Beauty Uses of Vaseline
http://www.redbookmag.com/beauty-fashion/blogs/trends/ways-to-use-vaseline-good-housekeeping?click=list

お役立ち情報[PR]