お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 ボディケア

寝不足の翌日に仕事を上手く乗り切る方法とは?

昨日はよく眠れなかった……。

一分でも一秒でも長く布団に潜っていたい…でも、起きなきゃ仕事があるし…そんな時って誰にでもありますよね?

人間がきちんと活動するためには7~8時間の睡眠が必要だと言われていますが、実際にはこのように睡眠不足の方も多いはず。ニューヨークマガジンのScience of Usチームは、睡眠の専門家に寝不足でも翌日の仕事を乗りきれる方法について話を伺い、ポイントを以下のようにまとめました。

【寝不足でも「よく眠れた」と言うと、熟睡と同じ成果が得られる―米研究】

■目覚ましのスヌーズ機能を使わない

スヌーズ機能を押したいと言う、その衝動に抵抗して下さい。実際、スヌーズ機能を使わない方が目覚めが良くなるそうです。例えば、7分多く布団のなかでウトウトとしたとしても、実際には良い睡眠には戻ることはできませんし、スッキリと目覚めることはできないそうです。

ですから目覚ましをセットするときは、起きなくてはいけないギリギリの時間にセットするようにしましょう。

■朝食を食べる

起きてから1時間以内に朝食を済ませると、気持ちが高まり、朝の仕事にやる気が起きるそうです。また寝不足の人は炭水化物や糖分を切望する傾向がありますが、これらは後に眠気を誘う原因となるので、全粒穀物やたんぱく質、そしてフルーツなどを摂るように心がけましょう。

■少量のカフェインを摂取する

専門家によると、一日に摂取するカフェインの量は400ミリグラム以下が良いそうです。(コーヒー1杯分は約100ミリグラムのカフェインが含まれています。)また、起きた直後は睡眠惰性と呼ばれるフラフラとした状態ですので、そのフラつきがなくなる20分~30分後にコーヒーを飲むようにしましょう。

そうすることで、日中の仕事がはかどるそうです。

■まとめ

寝不足で辛い思いを経験したことのある方は、ぜひ試してみてはいかがでしょうか?

How to Get Through a Workday on No Sleep http://nymag.com/scienceofus/2014/08/how-to-get-through-a-workday-on-no-sleep.html

お役立ち情報[PR]