お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

健康的な食事をするとクリエイティブ思考になれる―研究結果

好きな人と一緒に過ごしたり、旅行を計画したり。私たちは日頃の生活の中で常に「幸せ」な気持ちになれるようにと心がけていますよね。

【48.7%が「まぁ効果アリ」現代社会の意外な最新サプリ事情】

しかし、ポジティブな気持ちでいる為にはあなたが実際に何かするだけでなく、あなたが何を食べるかということも影響しているみたいです。

なぜなら今回The British Journal of Health Psychologyに投稿された研究で、野菜や果物を多く食べる人は好奇心旺盛、クリエイティブ性豊富、真面目な姿勢な人が多いと言うことがわかったのです。

この研究では、405人の17-25歳の人に2週間ネットで日記を付けてもらいました。その内容には、どのくらいの果物、野菜、お菓子、フライドポテトを食べたかということが記録されました。また、毎日自分がどれくらい「好奇心」があるか、クリエイティブに感じているか、ポジティブかネガティブに感じているかということも記録されました。

その結果、野菜や果物をいつもより多く食べている日には「好奇心」「クリエイティブ性」「ポジティブ」に感じる人が多いということがわかったのです。

もちろん、この研究結果だけで野菜や果物を食べると気持ちもポジティブになれると言うことは言い切れません。しかし、健康に良い食べ物を食べて悪くはないので、あなたもポジティブになりたかったら果物や野菜を食べてみると良いかも?

5 awesome side effects of eating healthier http://www.womenshealthmag.com/nutrition/awesome-effects-of-healthier-eating

お役立ち情報[PR]