お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 海外旅行

通行人同士の衝突を避けるため、歩道にスマホ歩き専用レーンを設置-中国

スマホを使いながら歩いている人は、自分にとっても、他の人にとっても、とても危険です。

【中国のオタクイベントはコスプレが必須!? コスプレから発展した中国オタク事情】

そこで中国の重慶市では、歩きながら通行人同士が衝突するのを防ぐ為、歩道を2つに分け、スマホ専用レーンを設置しました。

歩道には矢印と電話の絵が描かれていて、どちらの歩道がスマホを手放せない人専用か分かります。

近くの標識にも親切に、スマホマークと矢印の図で案内がされています。

また、中国語と英語で「中国初のスマホ歩き専用歩道」という言葉が書かれています。

しかし、大部分の人々が、まだ標識を無視して歩道を歩いていると『ニューヨークタイムズ』中国リポーター、クリス・バックリー氏は言います。

また、大部分のスマホユーザーは、標識の写真を撮る事に忙しいか、まったく気づいていないか、どちらかのようだとYahooは報道しています。

スマホ専用レーンを設置するというアイデアは、どうやら先月ナショナルジオグラフィックチャンネルが、ワシントンで実施した実験にヒントを得ているようです。

ワシントンでは、歩道を2つに分け、左側に「スマホ禁止」、右側に「スマホ歩き専用レーン:自己責任で歩け」と書かれていました。

本気とも冗談とも取れる、スマホ歩き専用レーン。

スマホを持たずに歩いている人の安全が守られる日は来るのでしょうか?

China introduces smartphone lanes to stop pedestrians bumping into each other http://www.news.com.au/technology/gadgets/china-introduces-smartphone-lanes-to-stop-pedestrians-bumping-into-each-other/story-fn6vihic-1227059265817

お役立ち情報[PR]