お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 ボディケア

小脳がないことに、24年間気づかず普通に暮らしていた人

中国の24歳の女性は、眩暈と吐き気を理由に病院を訪れました。

そこで医師が脳を調べてみたところ、驚く事に大変重要な役割をする小脳がありませんでした。

【古いのは角質だけじゃない!快眠には「古い脳」ケアが必須!?】

女性は、多少の問題はあったものの、今まで普通に生活していたそうです。

女性の担当医が、このケースについて、専門誌『Brain』に発表をしています。

女性は20年以上の間、しっかりと歩けませんでした。

彼女の母によれば、支えなしに立つことが出来るようになったのが4歳を過ぎてから、そして7歳まで支えなしに歩く事ができませんでした。

走ったりジャンプは出来ず、6歳まで何を言っているのかよく分かりませんでした。そして学校へ行かなかったそうです。

24歳になった彼女は、不明瞭な発音からくる声の震えは少しありますが、医師から見て普通だといいます。

そして「軽度精神遅滞」はありますが、結婚もして娘をもうけています。

医師が彼女の脳を調べた時、小脳があるべき部分は空洞でした。そして脳組織の代わりに体液で満たされていました。

このニュースを報道しているNew Scientistによると、このケースは非常に珍しく、今までに小脳なしで生きている人は彼女を含め、世界で9人だけだそうです。

医師達は、このケースが脳の適応性に関するさらなる証拠であると考えています。

こんなに大きな部分が欠けていても、他の部分が、それを補う働きをしているというのは驚くばかりです。

今後、この女性の脳をさらに調べる事で、その秘密がもっと分かるかもしれません。

A 24-Year-Old Woman Just Found Out She’s Missing A Huge Part Of Her Brain http://www.businessinsider.com.au/a-womans-brain-is-missing-a-cerebellum-2014-9/

お役立ち情報[PR]