お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

「今日はガンダムがあるから」今までで一番ショックだったデートの断り文句

意中の人を思い切ってデートに誘ったけど、断わられてしまってショック!なんてことはよくありますよね。ときには手厳しい断わられ方をして、結構な心の傷を負うことも……。読者の皆さんに「今までで一番ショックだったデートの断り文句」について聞きました。

調査期間:2014/8/12~2014/8/22
有効回答数532件(ウェブログイン式)
マイナビウーマン調べ

【せっかくのデートが台無し!「彼とデートの支払いでモメないコツ」5個】

「『今日はガンダムがあるから、無理』と言われた (26歳/女性)

断わった本人としては真剣なのでしょうが……。女性は納得できませんよね。

「月曜日から仕事なので、日曜日はデートしたくないと言われた」(52歳/女性)

きっと疲れやすい男性なのでしょう。

「友達の話ですが、彼と靴を買いに行く予定だったのに彼から『靴を買いに行くから今日は無理』と断られたらしい」(22歳/女性)

よほど混乱していたのでしょう。その彼氏、確実に怪しいですね。

「『あなたが素敵すぎて、私には合わない』と言われました」(60歳/男性)

これは高度な戦法。ほめ殺しというやつでしょうか。

「二人はちょっとキツい」(25歳/女性)

正直すぎるのも考えものです。

「『もう一人呼ぼうよ』と言われた」(34歳/女性)

遠回しですが、「二人は嫌」と言われているに等しいです。

「後輩が、気になる女の子を飲みに誘ったら、『わたしお酒飲めないから』と断られたらしい。それまで、結構お酒が好きだって話をしていたのにもかかわらず……」(41歳/男性)

突然、お酒が飲めない体質になることも……ないか。

「『ちょっと今日熱っぽいから』と言われ、その後で別の友達と遊んでいることを知った」(29歳/男性)

あからさまな嘘ですが、信じてあげるのも優しさ?

「そもそも誘ったことがないから断られたことがない」(26歳/男性)

この意見、意外とたくさんありました。

ショックな断り文句の数々に、誘ったわけでもないのに筆者も落ち込んでしまいました。この気持ちを忘れずに、万が一こちらからデートを断わる際には、相手が傷つかない言い回しをしたいものですね。

(宮崎智之+プレスラボ)

お役立ち情報[PR]