お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

一風変わったお勧めのデートスポット「東京都目黒区の『目黒寄生虫館』」

「最近、遊びに行っても盛り上がらない」、「食事とカラオケのワンパターンデートに飽き気味」という経験はありませんか。そこで、マンネリを打破する珍デートスポット情報について、読者の皆さんにアンケート調査で聞きました。

【都市伝説! 日本各地の「恋人と行くと別れる」と噂のスポット】

■世界唯一の寄生虫博物館。しまなみ海道を走破

まずは、「新鮮な気持ちを得られる」という理由で届いた各地の変わりスポットをご紹介。

「東京都目黒区の『目黒寄生虫館』。世界で唯一の寄生虫の博物館と言われている。入場無料で普段見られないものが見られる」(36歳/女性)

「東京都小平市にある『ふれあい下水道館』。くさいという感想しか出てこないが、メンタル面で妙な一体感が生まれる」(25歳/男性)

「東京都多摩市の『東京都埋蔵文化財センター』。縄文の村に再現された竪穴式住居に行くと、タイムトリップした不思議な感じがする」(43歳/男性)

「東京都墨田区にある『江戸東京博物館』。江戸時代の生活風景などが分かり、新鮮な気分になれる」(30歳/男性)

「神奈川県横浜市みなとみらいの『横浜アンパンマンこどもミュージアム&モール』。ちびっ子ばかりで童心に帰られる」(23歳/女性)

「新潟県上越市の『鼻毛の池』。名前は変だがきれいな池だから」(27歳/男性)

「静岡県沼津(ぬまづ)市にある『沼津港深海水族館 シーラカンスミュージアム』。深海魚って普段見ないので新鮮」(35歳/男性)

「愛知県知多(ちた)郡にある『南知多グリーンバレイ』。バンジージャンプでドキドキする」(28歳/女性)

「京都市中京区にある『京都国際マンガミュージアム』。1日中、漫画の世界に浸れる」(25歳/女性)

「滋賀県草津市にある『琵琶湖博物館』。琵琶湖の生態系について勉強できる。滋賀県を知ったつもりになれる」(22歳/男性)

「愛媛県今治(いまばり)市と広島県尾道(おのみち)市を結ぶ『しまなみ海道』を丸一日かけて自転車で走破。体を使って移動するのは非日常的だし、ゴールの達成感もある。何より景色がとても良い」(38歳/女性)

「徳島県鳴門(なると)市の『大塚国際美術館』。世界の有名な教会の壁画が再現されていて、現地へ行ったような気分になる」(31歳/女性)

■雨雲を追いかけてドライブ。卒業校の周囲を散歩する

体験型の工場や施設を勧める声も多数寄せられました。
「防災センター見学。地震体験やバーチャルな炎に向けて消化器を使った消火訓練など、なかなか体験できない本格的な防災訓練ができる」(40歳/女性)
「大阪府池田市にあるインスタントラーメン発明記念館。オリジナルのカップラーメンを作って楽しめる」(25歳/女性)

一風変わった夜景デートも人気のようです。
「工場を外から眺めるという大人の工場見学。職場がオフィスなので、工場は見ているだけで新鮮に映る」(37歳/男性)
「神奈川県川崎の工場地帯。夜に行くときれいで面白い」(30歳/女性)

目的を決めないお出かけも人気のようです。
「東京都下水道局が降雨情報を提供する『東京アメッシュ』というウェブサイトを確認しながら、ひたすら雨雲を追っかけるだけのドライブ」(31歳/女性)
「卒業した小学校に行く。周囲を散歩して、幼いときの思い出を話し合う。仲良くなれる」(29歳/女性)

相性診断デートを勧める声も届きました。
「山登りなど、自分だけでもいっぱいいっぱいになるようなことをしてみる。相手の本質が分かることがある」(40歳/女性)

参考になる場所、方法はあったでしょうか。隠れたおもしろスポットが各地にある予感がします。そんな情報を探すデートも楽しそうです。

調査期間:2014/8/12~2014/8/22
有効回答数 455件(ウェブログイン式)
マイナビウーマン調べ

(岩田なつき/ユンブル)

お役立ち情報[PR]