お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 不調

あぁ、我慢できない! デリケートゾーンの違和感って? 「眠れないほどのかゆみ。カンジダだった」

デリケートゾーンの違和感は女性にとって一大事。特に暑い時期のナプキン使用は、蒸れてムズムズが止まらないなんてこともありますよね。そこで今回は、働く女性のみなさんにデリケートゾーンの違和感にまつわるエピソードを調査してみました。

Q.あなたは、デリケートゾーンに違和感を感じたことがありますか?

「ある」33.9%
「ない」66.1%

約3割の女性が違和感を感じた経験があると答えました。では、実際の経験談を具体的に聞いてみましょう。

■蒸れてムズムズ

・「生理中などは蒸れたりしてかゆくなったりします」(31歳/金融・証券/販売職・サービス系)

・「夏だとかゆくなったり、蒸れたりする」(30歳/建設・土木/事務系専門職)

夏場は特に蒸れることが多くなる季節。締めつけのきつい細身のジーンズなどは避けましょう。

■生理中のかぶれ

・「月一の生理時のかぶれなど。デリケアなどを塗ってしのいでいる」(30歳/金融・証券/秘書・アシスタント職)

・「生理中に蒸れてかぶれてしまったところが、終わったあとも治るまでかゆかった」(26歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

ナプキンを使うことで起こるかぶれも女性の頭を悩ませる問題のひとつ。蒸れもそうですが、生理中は血行が悪く乾燥しやすいため、かぶれから痛みをともなうことも。デリケートゾーンは敏感ですから、しっかりとケアすることが大切です。

■病気だった!

・「眠れないほどのかゆみ。カンジダだった」(32歳/小売店/販売職・サービス系)

蒸れやかぶれなどでかゆみが起こることは仕方ないと思っていませんか? なかなか治らなかったり、尋常でないかゆみに襲われるようなら、それはただのかゆみではないかも。膣カンジダなどの病気かもしれませんので、婦人科に相談することをオススメします。

デリケートゾーンは女性の大事なカラダの一部。通気性のいい下着やきつく締めつけることのないボトムスを選ぶなどの工夫をして、なるべく違和感のない状態で過ごしたいですね。

※画像は本文と関係ありません

(ファナティック)

※『マイナビウーマン』にて2014年8月にWebアンケート。有効回答数233件(22歳〜34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]