お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

バツイチたちが語る5つの後悔

アメリカの離婚率は約45%。ほとんど半数の夫婦が離婚していることになります。そんな離婚大国アメリカの情報サイトより、実際のバツイチたちが語るリアルな後悔の声を5つにまとめました。

【的中率93%!? 将来離婚する夫婦の会話パターン4個】

1. 時間を無駄にした
浮気、人間的な不一致など、離婚の原因が浮上したのは何年も前。にもかかわらず、そのままずるずると時間を無駄にしてしまった。離婚すべきと最初に感じたときに踏み切れなかったことを後悔。

2. 友達がいなくなった
良くも悪くも結婚生活に集中していて、家族以外の人付き合いが激減した。離婚して初めてそのことに気が付き、もっと友達関係を大切にしていればと後悔。

3. 結婚を早まった
恋愛の勢いでゴールインしてしまったが、結婚後どんどん合わない部分が見つかった。結婚してしまう前にもっとじっくり付き合えばよかったと後悔。

4. 自分を曲げた
良い妻になろうと自分を曲げて努力してきたのに、結局離婚。夫に認められなかったことが腹立たしいし、一体何のために自分を押し殺してきたのかと後悔。

5. 人を見る目が無かった
夫がマザコンだと知っていたら結婚しなかった。不満を述べて改善を求めても、人間は中々変わらない。若い頃の自分には人を見る目が無かったと後悔。

彼女らの経験に習い、生涯を連れそう伴侶選びは慎重に、交際期間も十分に設けましょう。そして結婚後も、家族以外の人付き合いを大切にしておくと自分のためになりそうです。

11 Marriage Regrets From The Divorced
http://www.huffingtonpost.com/2014/08/29/marriage-regrets_n_5737482.html

お役立ち情報[PR]