お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 海外旅行

知っておきたい旅行先でのお酒のマナー―世界のヘンな常識・ドリンク編

日本を旅する外国人が、手酌NGという風習に驚かされているのをご存知ですか? 同じような現地人にしか解からないお酒のマナーが、世界にはたくさんあります。世界の「常識」を知って、他の旅行者に差をつけちゃいましょう!

【海外でのお酒にまつわる常識4点―「路上でお酒はNG」「女性の手酌もNG」】

●イタリア
食事中に飲むのは、水かワインだけ! ビールなどをオーダーしないように気を付けて。
●スペイン
水では絶対に乾杯しないこと(もしすると7年良いエッチができないという迷信アリ)。お酒が飲めない人はついやってしまいがちなのでご注意。

●フランス
注ぐのは最大でもグラス半分まで! また、手酌は卑猥な印象を与えるので、お店の人や友人にまかせて。

●オランダ
ウィスキーを飲むときは、置かれたグラスに触らずお辞儀をするように腰を折り、直接グラスへ口を寄せてまず一口飲むこと。

●中国
乾杯をするときはグラスを掲げる高さに要注意。年配の人ほど高く、若者は低く。また、一杯目は一気飲みして器をテーブルに伏せるのがフォーマル。

●オーストラリア
友人同士は元気におごり合うのが常識。「One more on me!(もう一杯、私のおごりねー!)」などと大声を上げて楽しんで。

日本とは違う世界の常識、いくつご存知でしたか? 現地人になりきって、旅行先でも楽しくスマートにお酒を飲みましょう!

The World’s 25 Strangest Drinking Customs
http://www.huffingtonpost.com/2014/09/04/worlds-strangest-drinking-customs_n_5758554.html?utm_hp_ref=travel&ir=Travel

お役立ち情報[PR]