お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
トレンド グルメ全般

コレはウマい!ブルーチーズ、カリカリベーコン。納豆にちょい足しアレンジ!

におい、味、食感と好き嫌いが分かれがちですが、栄養の効能は周知のとおりの納豆。タレや具材でバリエーションを増やせないかと、読者の皆さんにとっておきのひと工夫レシピを聞きました。

【絶品! お勧めの自作調味料「マヨネーズと七味とバターを溶かして混ぜる」】

■納豆にトロロ、メカブ、オクラを加えてネバネバ三昧

最も人気があるのは、22人(4.8%)が挙げる「オクラ」。
「納豆にトロロ、メカブ、オクラ。これにダシと生卵を加えて食べる。ネバネバ三昧がとっても美味」(47歳/男性)
「オクラ。ネバネバ同士、相性がいい」(27歳/女性)
「オクラと合わせて、ごはんやそうめんにかけるとおいしい」(31歳/女性)

においが苦手という人に朗報のアレンジ案です。
「オリーブオイル。納豆独特のくさみが消えて、納豆嫌いな私も食べられる」(31歳/女性)
「ゴマ油を入れると、においが減る気がする」(23歳/女性)
「カレー。納豆のくさみがなくなって、健康食にさま変わりする。でも食感は残る」(35歳/男性)
「マヨネーズ。においがなくなってまろやかになるので、納豆が苦手な人でも食べやすくなる」(24歳/女性)

逆転の発想でしょうか。よりにおいを強めるという人も。
「ブルーチーズ。くさみが最高に合う」(32歳/男性)

続いて、粘りが苦手な人は、こちらはいかがでしょうか。
「お酢を入れるとネバネバが消える」(36歳/男性)
「しっかり混ぜた納豆をみそ汁に入れる。においやネバネバがまろやかになるので、苦手な人にもお勧めできる」(25歳/男性)

おかずの一品になりそうなメニューも寄せられました。
「納豆と卵を混ぜて納豆オムレツ。納豆がアクセントになっておいしい」(25歳/女性)
「みそ、みりん、しょうゆ、砂糖を混ぜて豆腐に乗せると、さっぱりとしたおつまみになる」(38歳/女性)
「油揚げに包んで焼いて、ポン酢で食べる」(32歳/女性)
「カリカリベーコンを入れる。意外とうまみの相性がいい」(45歳/男性)
「アボカドとたくあん、ゴマ油を混ぜて韓国のりに乗せるとおいしい」(27歳/女性)
「食パンにマヨネーズを塗って、納豆とスライスチーズを乗せて焼く。絶妙!」(25歳/女性)
「トマトとオリーブオイルを加えると、イタリアンな味わいになる」(31歳/女性)
「しじみスープに入れるとまろやか風味で、おかずになった」(29歳/女性)

納豆にちょい足しをして、一風変わりごはんのお供として楽しむ声も。
「メカブに食べるラー油。ネバネバとピリ辛の味わいで、ごはんが進む」(37歳/女性)
「練り梅。さっぱりとしてごはんによく合う」(25歳/女性)
「塩昆布。それを卵かけごはんにかけると最高! 塩昆布は何にでも合う万能食材」(26歳/女性)

中には、「プリンにからめるとスイーツになる」(27歳/女性)と、新ジャンル開拓派もいます。納豆のバリエーション豊富な食べ方に驚きです。ぜひお試しください。

調査期間:2014/8/12~2014/8/22
有効回答数 455件(ウェブログイン式)
マイナビウーマン調べ

(岩田なつき/ユンブル)

お役立ち情報[PR]