お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

わ、やっちゃった! 超はずかしい「LINEでの誤送信」体験・5選

女性短い文章をリアルタイムで送信することのできる人気アプリLINE。利用している人は多いのではないでしょうか。さて、文章を送る際にありがちなのは誤送信。今回はLINEでやってしまった失敗についてお伝えします!

【やだもうバレバレ!「アナタに気がある」男子のLINEの特徴4つ】

Q.LINEで誤送信したことはありますか?

はい 22.4%
いいえ 77.6%

誤送信したことがある人は22.4%と少数派。間違えるとあとあと面倒ですし、気をつけている人が多いのかもしれませんね。うっかり誤送信してしまった人に聞いみたところ、こんな内容が多く見られました。

■ラブラブメッセージを誤送信

・「彼に送るつもりの内容を上司に送ってしまい、とても恥ずかしい思いをしました。ハートマークをいっぱいつけていたので……」(29歳/情報・IT/販売職・サービス系)
・「彼に送ったつもりが友達に送ってた」(31歳/情報・IT/秘書・アシスタント職)
・「スタンプを選んでいたら、好きでもない人に誤ってハートのスタンプを送信してしまったこと」(31歳/生保・損保/事務系専門職)

彼宛てのメッセージは特にプライベートな感じがして恥ずかしいですね。

■スタンプ選びをミス

・「文書ではないが、明るいスタンプを送ろうとしたら、ずーんと暗いスタンプを送ってしまった」(26歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)
・「スタンプであっかんべーとしたものを先輩に送ってしまった」(25歳/電機/事務系専門職)
・「彼とほんわかしたやりとりの中で、イケイケなスタンプを間違って触れて送信した」(29歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

バージョンアップ以前は押すとすぐに送れたため、誤送信が多かったようです。

■あるある! 誤字脱字

・「結構が結婚とか」(28歳/医療・福祉/専門職)
・「したいが死体」(26歳/商社・卸/事務系専門職)
・「一文字だけ送ってしまった」(30歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

会話に勢いがあるとやりがちな誤字脱字・誤変換。ちょっとドキドキする間違いですね。
■ただの送り先間違い

・「一度会って、連絡先を交換しただけの人に、間違えて遊びのお誘いをしてしまい、すぐに間違えて送ったことをおわびした」(29歳/商社・卸/事務系専門職)
・「『大学の先輩とご飯に食べに行こうよ!』という内容を、高校生のときの友達のグループに送信してしまった」(22歳/生保・損保/事務系専門職)
・「友達との約束中に同窓会のメールとカブって、メンバー30人に送ってしまった」(33歳/医療・福祉/専門職)

間違えると、送られた方も送った本人も大ショック!? 送る前に一息つける癖をつけたいですよね。

■画像間違え

・「ちょっとグロテスクな写真を送ってしまった」(20歳/生保・損保/営業職)

LINEで手軽に写真などの画像を送ることができますが、送る画像には気をつけたいものですよね……。

やってしまいそうな誤送信をご紹介しました! いかがですか? 手で文字を打つ限り、ゼロとはいえない誤送信。面倒なことに巻き込まれないよう、タイピングは確実にしておきたいですね!

※画像は本文と関係ありません

(ファナティック)

※『マイナビウーマン』にて2014年9月にWebアンケート。有効回答数189件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]