お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 ボディケア

長生きをするための7つの黄金ルール

ロンドンのImperial Collegeによる研究。体重管理や食生活に加え、母乳保育を半年間ほど実践することが長生きの秘訣とあります。

【「日本の女性の食生活で長生きを!」海外で注目される日本食材とは?】

1.太りすぎを避けること。標準体重以下が望ましい。
2.毎日30分前後の運動を欠かさないこと。
3.脂肪分、糖分の多い食事を避け、繊維質を多く摂ること。とくに糖分の多い清涼飲料水は避ける。
4.たくさんの種類の野菜、フルーツ、玄米や全粒粉など、ナッツを食べること。野菜や果物を使った料理を1日に5皿以上、無精製の穀類に関しては毎食摂ることが望ましい。
5.肉類を食べ過ぎないこと。とくに、牛肉や豚肉などの赤身肉は要注意。1週間に500グラム以上を摂取しないように。ハムやサラミなどに加工されたものも同様に避けること。
6.アルコール類を摂りすぎないようにすること。1日に、男性なら2杯、女性なら1杯程度に抑える。
7.産婦なら、6カ月までは母乳を与えること。

とくにこの7に関しては、母乳育児をした人は、がんによる死亡のリスクが10%、循環器系の病気のリスクが17%低下したとの研究結果が出ています。

これら7つの黄金ルールは小さなことですが、この日々の実践が、最終的に長寿を全うする結果を導くでしょう。

Le 7 regole d’oro per vivere pi a lungo
http://www.lastampa.it/2013/04/30/scienza/benessere/salute/le-regole-d-oro-per-vivere-piu-a-lungo-VqBHYkKzVE0WgBoTAyB0tM/pagina.html

お役立ち情報[PR]