お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 ボディケア

摂取する食べ物を変えるだけで、24時間以内にこうした菌の繁殖状態が変わる―米大学調査

ジャンクフードが好きだったり、脂質や糖質が多く含まれてる食べ物が好きだったり、などなど、こうした嗜好、実はお腹の中のバクテリアのせいかもしれません!カリフォルニア大学、アリゾナ州立大学、ニューメキシコ大学が行った研究によると、お腹に存在するバクテリアが、人間の嗜好に加え、気分にも影響を与えているとのこと。

【アナタの腸にも「カビが生えてる」かも!? 汚腸な美人はいない理由が明らかに!】

研究チームは、こうした微生物に関わる最近の科学文献を精査。その上で、微生物による私たちの体への影響をまとめました。腸内細菌と呼ばれるこれらの菌には実に様々な種類が存在しており、ある種は私たちが生きる上で必要な栄養素とほぼ同じものを必要とする一方、他に糖分を必要とするもの、脂肪分を欲するものもあるのだそう。

カリフォルニア大学のAthena Aktipis博士によると、これらのバクテリアはこうして消化管内で生息するのみならず、シグナルを発する分子を腸内で発生させ、私たちの行動にも影響を与えているとのこと。腸は内分泌線、神経、そして免疫システムに繋がっているため、こうしたシグナルは生理学的および行動学的な影響を与え得る、と指摘。

「微生物は、迷走神経内の神経シグナルを変え、味覚を変えたり、私たちの気分を良くさせたり悪くさせる化学物質も発する」と説明しています。

ただ、こうした影響は相互的なもので、バクテリアが私たちの行動に影響を与える一方、私たちの食生活がこれらの菌の繁殖率を変えることにも。同大学のCarlo Maley博士は、「私たちの食生活は腸内細菌に大きな影響力がある」と説明。

摂取する食べ物を変えるだけで、24時間以内にこうした菌の繁殖状態が変わるとのことで、「分単位で変化している」そう。ヨーグルトなどから善玉菌を摂取したり、はたまた健康的な食生活を意識して心掛けることで、腸内の環境も変わってくるのですね。

ちなみに、海苔や昆布、わかめなどの海藻を多く摂取する日本人の体からはなんと海藻を食べるバクテリアも見つかっているのだとか(!)。

自分の努力次第ですぐに変えることができるという腸内の健康、早速食生活の見直しに取り掛かってみませんか?!

Can’t stick to your diet? Your GUT BACTERIA could be to blame for junk food cravings
http://www.dailymail.co.uk/health/article-2727877/Cant-stick-diet-Your-GUT-BACTERIA-blame-junk-food-cravings.html

Do Gut Bacteria Rule Our Minds?
http://www.ucsf.edu/news/2014/08/116526/do-gut-bacteria-rule-our-minds

お役立ち情報[PR]