お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 ボディケア

そこまでやるの? 女性がぶっちゃける「赤裸々・セルライト対策」

一度できてしまうと自然に消えることはないと言われるセルライトは、見た目がよくないだけでなく、痩せにくいカラダにもなってしまうそう。この状況を、同世代はどうケアしているのでしょうか? 女性陣に、赤裸々なセルライト対策エピソードを語ってもらいました!

■マッサージ

・「彼氏に脚をもんでもらっていて、やたら痛いと思って自分でもふくらはぎを握ったらセルライトがすごかった。そこからは当時流行りのセルライトつぶしローラーをかける日々。けど、運動とかしてないのであまり変わってない」(26歳/金融・証券/事務系専門職)

・「毎日お風呂でマッサージをしています。消えはしませんが少し肌が滑らかになったように感じています」(30歳/小売店/秘書・アシスタント職)

・「お風呂でマッサージを5分ずつした。溜まった毒素は流れた気がする」(27歳/不動産/事務系専門職)

セルライトをマッサージだけで解消することは難しいようですが、マッサージで血行をよくするというのはセルライト予防に効果的。今は、気にならないという人も毎日のマッサージを習慣にしておくとよさそうです。

■エステに通った

・「脚を細くするにはセルライトを取るしかないと思い、知人に紹介してもらったエステに通いました。ある程度は細くなりましたが、お金がかかるため、納得のいく細さまでは到達できていません」(25歳/その他/事務系専門職)

・「きっかけは、足のむくみや冷えが気になったことです。たまたまミステリーショッパー(覆面調査)としてエステに行って、セルライトの恐ろしさを知り、脚痩せのプランを契約し、5回程通いました。5回くらいじゃ、効果はなく失敗でした」(25歳/団体・公益法人・官公庁/秘書・アシスタント職)

お尻や太ももの裏など自分では手が届きにくいところもしっかりケアしてくれるエステは頼みの綱。でも、1回や2回で終わるものでもないので、お金が続かず断念してしまうみたいです。

■ひたすら揉む

・「入浴中に、ひたすら気になる所をにぎる&離すを繰り返しました。成功したかどうかは不明です」(29歳/情報・IT/事務系専門職)

・「ふくらはぎのセルライトを取りたくて暇があればマッサージし続けていた時期があった。腕が疲れてしんどくなったのでやめた。あまり手でもんだだけでは効果はなかった」(24歳/医療・福祉/専門職)

セルライトを撃退するにはつぶして押し流すというやり方だけは知っているものの、自分でやるのは難しそう。かなり痛みを感じるまで揉む必要があるようなので、痛みに耐えきれなさそうですね。

■ローラーやクリームで撃退

・「セルローラー買って試したけど、あざができただけで今は何もしていない」(32歳/医薬品・化粧品/専門職)

・「マッサージクリームを塗ってあざができるまで塗りこんだ。気分的にはすっきり」(24歳/ホテル・旅行・アミューズメント/営業職)

「セルライトに効いたよ!」と聞けば飛びついてしまいそうなマッサージクリームやローラーなどにも即効性はないもの。毎日続けることで少しずつ解消されていく、くらいののんびりした気持ちでいるのが正解ですよ。

セルライトは太ったらすぐにできるというものではなく、2~3年かけて肌の表面にあらわれてくるのだそうです。代謝が落ちてカラダの中に不要なものがたまるとそれがセルライトとして表れてくるという意識を持って、余計なモノをためこまないカラダ作りをしていきたいですね。

※『マイナビウーマン』にて2014年7月にwebアンケート。有効回答数162件(22歳~34歳の働く女性)

※画像と本文は関係ありません

(ファナティック)

お役立ち情報[PR]