お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

カレに会いたい――たとえ、ほかのコの代理だとしても

最近、女子会のあとはかえってブルーになる。
シビアな現実をつきつけられたり、自分の足りない部分を
思い知らされたりすることが増えているからだと思う。
そして、気分が沈むと、輝との楽しかった思い出に
すがりつきたくなる。

そうだ、輝からアサイーカフェに誘われて、
まだ返事をしていなかった。
どうしようかな。
……って、本当は会いたくてたまらない。
誘いやすい便利な友だちだと思われていても、
ほかの女性の代理だとしても、それでもかまわない。
私が輝に会いたいと思う気持ちは、強くなっていくばかりだ。

輝に会ったのは、土曜日の夕方だった。
代官山の駅で待ち合わせ、輝が言うアサイーカフェに行った。
ところが着いてみると、雰囲気のいいハワイアンカフェ。
「アサイーがいちばん人気だから、アサイーカフェでいいだろ」
「相変わらず、アバウトだねー。ま、いいけど」
予想通り、ここも1時間待ちの行列だった。
やっぱり私は、順番待ち要員かぁ。
でもそれって、私とは長い時間一緒にいても
嫌じゃないってことなんだから、喜んでおこうかな。
そう思いながら列に並ぶと、何の前フリもなく輝が尋ねてきた。
「この間、一緒にいた人って、事務所の人じゃないでしょ?」
多摩川さんのことだ!

お役立ち情報[PR]