お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 不調

意外!? タンポンを使ったことがない女子は68.8%と判明! 働く女子の生理用品事情

学生時代、体育の授業で水泳があるときなど、タンポンを使うか使わないか友だちと話し合った経験がありませんか? 使い方はなんとなくわかるけど、まわりでも使う人を見ないので不安……なんて思う人も。そこで今回は、生理中のタンポンの使用について、働く女子のみなさんに聞いてみました。

Q.あなたは、生理のとき、タンポンを使いますか?

「毎回使っている」5.3%
「たまに使っている」19.9%
「ナプキンと併用している」6.0%
「使ったことがない」68.8%

なんと、使ったことがない人が7割近くと判明! では、使っている人はどのようなシーンで利用しているのかなど、タンポンにまつわるエピソードを見ていきましょう。

■旅行やプールなどで安心のため

・「ライブや観劇、旅行などではタンポンのほうが安心なので」(28歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

・「プールに行きたいときがあるから、そのときに使う」(31歳/ホテル・旅行・アミューズメント/事務系専門職)

長時間座っていて動けない理由があるとき、プールに入りたいとき、旅行中などにタンポンがあれば便利。ナプキンとはちがい、体の中に入れるから、モレの心配が少なかったりしますよね。

■多い日はナプキンと併用

・「量が多めなので、併用すると少し楽になる気がする」(30歳/マスコミ・広告/クリエイティブ職)

・「楽。ナプキンほどしょっちゅう変えなくていいし、タンポンにしてから下着を汚すことがなくなった」(22歳/生保・損保/事務系専門職)

量が多くてナプキンだけでは不安という人は、タンポンと併用してナプキンを使用するというのもひとつの手ですね。

■誰にでもはじめてはある

・「初めて使ったとき、使い方がわからず、外のプラスチックケースごと入れて痛い思いをした」(32歳/生保・損保/営業職)

・「初めて使うときは説明書を熟読した」(28歳/団体・公益法人・官公庁/技術職)

ほかに使っている人が少ないからこそ未知の世界なタンポン。最近は説明書のほかにも、ネットでメーカーが使い方を動画やイラストでわかりやすく教えてくれています。

■取り忘れに注意!

・「取り忘れて2つ入れたことがある」(33歳/ホテル・旅行・アミューズメント/営業職)

・「海外旅行で水着を着るときにタンポンを使ったが、遊びに夢中でしていることを忘れて1日中しっぱなしにしてしまった」(25歳/マスコミ・広告/クリエイティブ職)

取り忘れは危険なので気をつけたいですね。正しい使い方をマスターして快適に過ごしたいもの。

■意外に使いやすい!?

・「最初に無料でもらって使ったら、想像以上に楽だった」(27歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

・「初めてのときは怖くてなかなか入れられなかったけれど、3回目くらいで慣れてからはその快適さに感動して、今ではタンポンなしでは考えられません」(31歳/自動車関連/事務系専門職)

ナプキンのようにムレやごわごわ感なども少ないので、タンポンは慣れてしまえば楽という人も。

意外とあまり利用されていないタンポンの存在ですが、上手に使えば快適に過ごせることも。多い日やレジャーで、ナプキンではモレが心配になることもあり得るので、そういうときのためにタンポンを持っておくのもいいかもしれません。

※画像は本文と関係ありません

(ファナティック)

※『マイナビウーマン』にて2014年8月にWebアンケート。有効回答数266件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]