お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

人格は50代まで成長する―「30代は神経過敏、40代は正直で実直」になる傾向

人間、歳をとると丸くなる、というのは本当だった?ニュージーランドのオークランド大学の調査によると、やはりそれぞれの世代で人格の移り変わりが確認されたとのこと。若年期から徐々に人格が安定してゆき、中年期でピークになるのだそう。

人生のそれぞれのステージで経験する社会的、生物学的な変化が理由だとみられています。

【行動力とポジティブ思考がカギ!? 「実年齢より若いと思う人の特徴」】

同大学のPetar Milojev氏とChris Sibley氏が率いた調査では、20~80代の4000人の男女を対象に2年おきに2度のアンケートを実施。人物の正直さや謙虚さなどに加え、人格の主要な要素である外向性、同調性、誠実性、神経過敏傾向、そして物事に対する寛容さ・オープンさを調べ、各年代による性格の共通点を分析しました。

そうしたところ、被験者の人格は歳を経ることにこうした安定性は釣鐘曲線を描き、中年期にピークを迎える形となったそう。つまり、中年期に一番精神的に安定する一方、高齢者の精神的安定度は若者たちと同様レベルまで下がる結果となりました。

外向性は各年代を通じて大きく変わるものではありませんでしたが、同調性・協調性はその対極で、歳を経るごとに変化。また、30代で最も高かった神経過敏な性質は、50代には後退し、誠実性、寛容さ、正直さや謙虚さなどが高レベルに達しました。

研究を率いた両氏はレポートで、こうした人格の安定性をめぐるの変化は、様々な環境や社会的要求が各人格要素に与える大きさが、人生のそれぞれのステージで変わってくるためだろう、と説明しています。また、今後は「若年期と高齢期で安定性が低いことに対する原因究明を行いたい」としています。

様々な経験により磨かれる人格。精神的に安定した素敵な人間に成長していくためにも、これからも積極的に色々な経験を積むよう心がけていきたいですね……!


We are most neurotic in our thirties, and honest and conscientious in our forties – and our personalities keeping developing until we are in our fifties, researchers say
http://www.dailymail.co.uk/sciencetech/article-2728219/We-neurotic-thirties-honest-forties-personalities-keeping-developing-fifties-researchers-say.html

お役立ち情報[PR]