お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 ボディケア

世界初の完全な臓器再生に成功―英エジンバラ大学

心臓や肝臓、腎臓疾患を抱える患者に取って希望の光となる研究成果が報告されています!英エジンバラ大学が今回、細胞から完全な臓器を再生することに成功しました。これまでにも、細胞による体外での臓器再生は臓器の一部分のみで成功していたものの、完全に機能する臓器の再生に成功したのは初めてとのこと。

【世界に大変革をもたらすかもしれない10のテクノロジー】

安全性や人体への効果などを検証するため、導入されるまでにはまだ時間がかかると見られていますが、難病治療に向けた大きな技術躍進に期待が高まっています。

研究チームが成功した実験では、この技術をマウスの胸腺の再生に利用。体内に注射した細胞が完全な臓器に成長するというもので、現在は臓器移植に頼っている様々な疾患に対する新たな治療法になると考えられています。

研究を率いたエジンバラ大学のクレア・ブラックバーン教授は「細胞から代替臓器を育てることは再生医療の最も困難な探求の一つだった」と述べ、「細胞を直接プログラムし直して人口細胞を作り出し、完全な臓器として育てることができた」と説明しています。

実験では、心臓近くにある臓器である胸腺の再生にあたり、マウスの胎芽(受精卵が分裂を始めてから分化が終了するまでの生体)から線維芽細胞を取り出し、胸腺の細胞として働くようプログラムをし直したそう。赤ちゃんの体と臓器が子宮の中で育つように、この細胞も成育させることに成功しました。

英医学研究会議(TheMedical Research Council、 MRC)の再生医療を率いるロブ・バックル博士は「損傷や疾患のある臓器の治療のために他者からの臓器移植に頼ることは、とりわけ提供者が少ないことなどからも多くの難点がる」と述べ、今回の成功は「まだ最終的なゴールには遠い」としながらも、「細胞機能変換技術の潜在能力を示すものとなった」と歓迎するコメントを残しています。

現行の臓器移植の難しさの大幅な改善や免疫疾患への有効性など、今回の成功により期待される医療領域は実に多岐に渡るもの。一日も早く私たちの医療に活かされる日が来ることを願ってやみません……!


Scientists ‘grow’ first functioning organ from reprogrammed cells
http://www.dailymail.co.uk/sciencetech/article-2733415/Hopes-rise-growing-new-organs-body-Scientists-create-cells-injected-body-breakthrough-help-treat-liver-heart-defects.html

お役立ち情報[PR]