お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

会社が倒産!? もしかして私、へビーな質問しちゃった?

事務所で何度か顔は合わせているけれど、
ちゃんと話すのははじめてなのに、いきなり温泉に誘うなんて。
うれしいと思うよりも、その軽さに引いてしまう。

多摩川さんは、冗談だよ、という雰囲気で笑いをこらえ、
「そんなに困った顔しないで。
サラッと流してくれて大丈夫だから」
なーんだ、一瞬でも本気にした自分が恥ずかしい。
それにしても、こういう合コンみたいなノリは苦手。
一応、私は仕事関係の人間なのに、
軽く見られているようでなんか嫌だな。

輝と菜奈さんは仕事中、どんな会話をしているんだろう。
輝のことだから、多摩川さんみたいに軽い感じじゃなく、
誠実に少しずつ打ち解けていったんだろうな。
また、胸の奥が小さく痛んだ。
輝のいいところを思い出すと、
また失ってしまった後悔がわき起こる。

「ところで、佐久さんはどうしてパラになったの?」
多摩川さんの声で、輝のことが頭から消えた。
「もともと派遣で事務員をしていたんですけど。
知り合いから今の事務所での話をいただいて、
正社員だっていうので、いいかなと」
「じゃあ、ずっと今の事務所でパラをやるんだ?」
「そのつもりです。多摩川さんはどうして会計コンサルに?」
「勤めていた会計事務所が倒産しちゃってね」
うわ、もしかして私、ヘビーな質問しちゃった?

お役立ち情報[PR]