お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 不調

「熱っぽい」の微熱って何度からのこと? では、高熱とは?

女性には排卵周期にともない高温期と低温期があり、日々変化しているのはよく知られていますよね。さらに言えば、男性も女性も、人によって平熱自体異なります。ここで素朴な疑問が。「微熱」というのは何度以上のことを指して言うの? 風邪を引くと、微熱っぽく感じることもありますが、体温はどれくらい高ければ病院に行って診てもらうべき?  消化器内科の今井光穂医師(平塚胃腸病院併設藤久ビルクリニック)に聞きました。

―微熱とは何度以上のこと?

体温は1日の中でも波があり、早朝の体温は低く、夕方の体温は高めに出ます。

医学書によると、口で測った場合、午前の体温が37.2℃以上、午後の体温が37.7℃以上を発熱の状態としています。

つまり、37~38℃あれば微熱、38℃以上あれば高熱。日ごろからご自身の平熱を知り、1℃以上上がっているようなら、体に何か起こっているかもと注意してみるといいでしょう。

もしも微熱であっても長引いたり、ほかの症状が重かったり長引くようなら、病院を受診しましょう。ほかの病気が隠れていることもあります。

― 37℃を超えると熱が出た! と焦りますが、実際どうなのでしょう?

大人の場合、体温の平均は口の中で測って36.4から37.2℃です。研究結果によると、ほとんどすべての健康な人の体温はこの範囲にあると言われています。

ただし、測り方や1日のうちどのタイミングで測ったかによっても、だいぶ体温ってちがいます。「体温が低いんです……」と相談にくる方でも、体温計正しく使って測ると案外正常なことが多いです。

―日本では脇の下で測るのが一般的ですが。

脇の下で測る方法がもっとも衛生的なので、公共の施設や病院などでも、脇の下が一般的に使われています。海外だと口の中で測るところも多いです。日本であっても、病院で外気に触れず、外部の影響を受けないため、お尻の中(直腸)で温度を参考にすることもあります。

脇の下で測るときは、汗を拭き、くぼみの真ん中に肌に密着させて、実測式の体温計なら10分間、予測式なら音が鳴るまでじっとしてください。

微熱で会社を休むのはNG?  会社を休む「風邪の症状」の基準は?

(聞き手:小池直穂)

監修:今井光穂
平塚胃腸病院併設藤久ビルクリニック勤務。東北大学医学部を卒業後、都内総合病院勤務。東京大学大学院にて学位を取得後、現職。大学院時代は、癌の研究に従事。専門は一般内科、消化器内科。現在は上下部内視鏡検査などの消化器科の診療や健診業務を主に行っている。

「癌から一般的なお悩み相談まで気軽に相談できる医師になりたいと思っています。特に女性の方は、ほかのことを優先する代わりに、自分の身体のちょっとした不調をがまんしてしまいがちです。生き生きと輝くためにも、身体を大切にしてほしいなと思っています。女性の方には、がまんしないで、健康に気をつけてほしいなと思っています」。

取材協力:En女医会
En女医会は全国で150人以上の女性医師が参加している、女医が医師としての仕事をしながら、プライベートも社会貢献も楽しみながら活動しようという会です。定期的な会合で、会員同士の親睦を深めるとともに、ボランティア活動や、医療知識や経験を活かしてさまざまな企業との商品開発を行い、利益の一部を寄付したり、雑誌やテレビ、ラジオ等に出演して健康や美容についてよりよい情報を発信したりしております。

お役立ち情報[PR]