お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 不調

「ホクロのがん」メラノーマを見わける5つのチェック項目とは?

カラダのどこにでもできるホクロ。“足の裏にあるホクロはがんになる”“爪のホクロはがんになる”など、ホクロにまつわる噂はさまざま。もはや都市伝説なんじゃないの?と思ったり、本当だったらどうしようと不安がよぎったり、気になりますよね。噂の真相はいかに? 皮膚科医の西池英里子医師(銀座ソラリアクリニック)に聞きました。

―「ホクロはがんになることがある」という話は本当?

ホクロは、良性で無害なメラニンを含む細胞の集まりを指します。ホクロががん化することは実際のところめったにありません。しかし、ホクロに似て見える皮膚がんは存在するため注意が必要です。“ホクロのがん”とも呼ばれる「悪性黒色腫=メラノーマ」は、特にホクロによく似ていて、皮膚ガンの中でも悪性度が高く、小さなものでもリンパ節や内臓に転移し、生死に関わる可能性があります。

―メラノーマと、ただのホクロを見わけるには?

日本人の場合では、メラノーマは手のひら、足の裏、爪の下などにできることが多く、圧迫や摩擦などの刺激が原因になるとする説もあります。ただのホクロと、怖いメラノーマ、見わける際のポイントを5つにまとめました。

■ホクロと“ホクロのがん”メラノーマを見わける5つのポイント

1.大きさ

ホクロの場合、昔からあって大きさもほとんど変わりません。しかし、メラノーマは突然できて、6mm以上の大きさとなり、どんどん大きくなることがあります。1年で2~3mm大きくなれば要注意です。

2.形

ホクロの場合、丸く左右対称であることが多いのですが、メラノーマは形がいびつで左右非対称です。

3.輪郭

ホクロの場合、皮膚との境界線がくっきりとしていますが、メラノーマは境界がぼんやりとしていて、色ムラや染み出たような模様があります。

4.色

ホクロの場合、こげ茶色をしているものが多いのですが、メラノーマは真っ黒だったり、色にムラがあったり、赤色や赤茶色のようになることがあります。

5.表面の状態

ホクロの場合は、表面に異常はありませんが、メラノーマは進行とともに表面から微量の血や透明な液が出たり、中心部の組織が崩れてきたりします。

大きさ、形、輪郭、色、表面の状態に注意してホクロを観察してください。

■まとめ

万が一にもメラノーマであった場合には、治療が遅れてしまうと、転移してしまい手が施せなくなってしまう例もあります。「ホクロくらいで病院に行くなんて……」と思わずに、少しでもおかしいと思うことがあれば、診察を受けましょう。

(聞き手:小池直穂、三谷香織)

監修:西池英里子

大阪医科大学卒業。厚生労働省認定麻酔科標榜医、認定産業医。日本抗加齢医学会 正会員。麻酔科医を経た後、元日本美容外科学会会長が診療するさかえクリニックにて美容医療を修得。大手美容クリニックなどで活躍の後、2013年、ヘッドスパとエステサロンを併設する銀座ソラリアクリニックを開設。再生医療、美容医療、リラックスを融合させた診療を行い、銀座ならではのエレガントな空間でゆったりと最新の美容医療を受けられる。クリニックが開発するオリジナルの基礎化粧品、美容サプリメント、美容成分を配合したスイーツも好評。銀座ソラリアクリニックHP http://www.ginza-solaria.com/index.html

取材協力:En女医会
En女医会は全国で150人以上の女性医師が参加している、女医が医師としての仕事をしながら、プライベートも社会貢献も楽しみながら活動しようという会です。定期的な会合で、会員同士の親睦を深めるとともに、ボランティア活動や、医療知識や経験を活かしてさまざまな企業との商品開発を行い、利益の一部を寄付したり、雑誌やテレビ、ラジオ等に出演して健康や美容についてよりよい情報を発信したりしております。

お役立ち情報[PR]