お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 ボディケア

他人事じゃない!? アラサー独女に聞く、ちゃんと高齢出産について考えたことある? 「ある→49.7%」

恋も仕事も人間関係も……それなりにいろいろな経験を積んできたけれど、おひとり様ってちょっと複雑!? 未婚のアラサー女子ならではの心境をセキララにつづります!

アラサーになると、だんだん他人事ではなくなってくるのが、高齢出産という言葉です。芸能界でも40代で産んでる人がいるし、たぶん大丈夫……なんて考えている女性はいませんか? 今回は未婚のアラサー女性に、高齢出産についてちゃんと考えたことがあるか聞いてみました。

Q.アラサー世代になり、高齢出産についてきちんと考えたことはありますか?

「ある」49.7%
「ない」50.3%

約2人に1人は考えたことがあるという答えに。それぞれの立場で理由を紹介します。

<考えたことがある派>

■早く産みたいと思うように!

・「高齢出産はしたくないので、35歳までには産みたい」(31歳/ホテル・旅行・アミューズメント/事務系専門職)

・「自身の体力や健康状態、自分の両親、また、産まれてくる子のことを考えると30代前半のうちには産みたいです」(28歳/情報・IT/事務系専門職)

・「35歳までに産むということは何歳までには妊娠していないといけなくて、それまでに結婚して、それまでに出会っていて……と逆算して考えると時間がない!!」(29歳/学校・教育関連/秘書・アシスタント職)

早く結婚して、早く産みたいと真剣に考えるようになった女性も多いようです。「34歳になるまでに旦那が見つからなかったら、最悪妥協で結婚する滑り止めの男性をキープしている」(32歳/運輸・倉庫/事務系専門職)という女性までいるようです。

■実際には無理かも……

・「元気なうちに出産したい。しかし相手がいない……」(28歳/学校・教育関連/その他)

・「出産に関しては、今すぐにでも産みたいと思っている。しかし実際には、その自信がない」(31歳/食品・飲料/事務系専門職)

早く産みたいのに、実際には相手がいなかったり、自信がないという問題も。

<考えたことがない派>

■リスクは避けたい

・「障害や病気が子どもに発生するリスクがあるのなら、産みたいとは思わない」(28歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「リスクが高いので、なるべく避けたほうがよい」(27歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

・「自分も産まれてくる子どももリスクが高いので、可能な限り避けるべきだと思っています」(30歳/小売店/秘書・アシスタント職)

高齢出産を考える=リスクを背負わなきゃいけないため、考えないという方も多くいらっしゃいました。

■まだそこまで考えていない

・「元気な子どもを産めるか不安」(28歳/医薬品・化粧品/営業職)

・「まだ具体的には描けていませんが、ダウン症の出生率などそれなりに考えなければならないことはあると思います」(29歳/印刷・紙パルプ/クリエイティブ職)

・「妊娠する確率は低くなることは自覚している」(32歳/運輸・倉庫/秘書・アシスタント職)

自覚はしているけど、実際にそこまで真剣に考えていないという女性の意見も。

アラサーになったからといって、いきなり高齢出産とか考えられないという方も多かったようですが、残念ながら女性の体は毎年確実に衰えていき、子どもを産みにくい状態へ変化していきがちです。子どもがほしいと考えている方は、少しでも早めに結婚と出産が叶うことが望ましいですね。みなさんは、高齢出産についてどう思いますか?

(ファナティック)

※『マイナビウーマン』にて2014年4月にWebアンケート。有効回答数153件(26歳〜34歳、未婚の働く女性)

お役立ち情報[PR]