お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 ボディケア

嫌な思い出、記憶をリセットできる薬「フィンゴリモド」開発ーアメリカ

画像はイメージ

人生には苦い経験もたまには必要です。それによって人間として一回りも、二回りも成長できるからです。

【大学入試の面接官に犬がいる!―エディンバラ・ネピア大学】

しかし、中には忘れてしまいたい程辛い経験や記憶に悩まされてしまうこともあります。これらを消去できさえすれば、もっと人生が楽しめるのにと思っている人に朗報です。

アメリカのバージニア・コモンウェルス大学の研究により、一定の記憶を消去できる薬が開発されているそうです。

筆頭研究者のサラ・スピーゲル博士によるとフィンゴリモドと言う多発性硬化症を軽減するための薬が有効なのだそうです。実験はマウスを使用して行われました。まずマウスに消したくなるくらい嫌な記憶を植え付けます。

電気ショックを与えるとマウスは恐怖で身動きできなくなります。このようにショックで動けないマウスにフィンゴリモドを与えると、その嫌な記憶が消えて自由に動き回れるようになったそうです。

研究者たちはマウスで成功したこの方法を人間にも応用できるようにと、さらなる研究に取り組んでいます。

将来的には嫌な記憶を消すだけでなく、不安障害やPTSDなどの症状にも効く可能性があるとのことです。

Active, phosphorylated fingolimod inhibits histone deacetylases and facilitates fear extinction memory
http://www.nature.com/neuro/journal/vaop/ncurrent/full/nn.3728.html

お役立ち情報[PR]