お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
トレンド 生活

ポーチに忍ばせたい♪ PC、スマホなどによる目の疲れをケアする点眼薬に注目

同世代女子が気になるトレンド情報から、新商品、人気スポットなどまで、ランチタイムの話題にしたい、気になるあれこれをピックアップ!

仕事柄、長時間PCを見ていることが多く、常に目を酷使しっぱなしの筆者。しかも、スマートフォンに変えてからは、夜更かしして、ついニュースや動画のサイトを見てしまう始末。よくよく考えてみれば、一日中、目を使っているのかも。

そのせいか、最近は目がかすむことがあったり、目の疲れからくるのか肩こりや頭痛がひどくなったりと、万全の体調ではないのも気になるところ。そんなある日、電車に乗っていたら気になる車内CMを発見!

それは、パソコンやスマートフォンのモニターから出ている青色の光、いわゆる「ブルーライト」などの光ダメージに着目して処方・設計された「サンテPC」(第2類医薬品)という目薬。

「サンテPC」(第2類医薬品)

なんでも、ブルーライトは近年、目へのダメージに注目が集まっているそう。実際、マイナビウーマン読者に「目の疲れ」についてアンケートをとってみたところ、93.7%もの女子が目の疲れを感じているようです。また、どんなとき「目の疲れ」をもっとも感じているのも聞いてみたところ、「パソコンを使用しているとき」が77.6%と圧倒的。次いで「スマートフォンを使用しているとき」(15.4%)にも疲れを感じているみたい。

しかも筆者と同じく、目の疲れによって「目を使いすぎると眼球が痛くなることがある。ズキズキする痛みをともなう」(31歳/建設・土木)、「頭痛と吐き気で動けなくなることがあり、常に肩こりに悩まされている」(25歳/情報・IT)など、けっこう深刻に悩んでいる様子。

そこで、PCやスマートフォンなどの画面を長時間見続けることによる、目の疲労やダメージをケアするのにオススメなのが、「サンテPC」なんだとか。

この「サンテPC」、ブルーライトなどでダメージを受けた目の組織代謝を促進するビタミンB6、ビタミンB12を最大濃度配合(※)し、タウリンをプラス。目の炎症・目の疲れに効果を発揮します。また、モニターを凝視し、まばたきが減少してしまうことから起こる目の乾燥を防ぎ、角膜を保護するコンドロイチンも最大濃度配合(※)。

ほかにも、炎症によるかゆみ・充血を抑える成分なども配合されているので、紫外線などによる眼炎や、結膜充血などにもよさそう。

そして、ほどよくスッキリとした清涼感のさし心地は、疲れ目にピッタリの心地よさ。

PCやスマートフォンを日常的に使いこなしているイマドキ女子にピッタリの「サンテPC」。目の疲れが気になる……という人は、チェックしてみては?

※一般用眼科用薬製造販売承認基準の最大濃度

◆サンテPC(第2類医薬品) 12ml 840円(税込)
http://www.santepc.jp/

(ヤマイナギ/六識)

※「マイナビウーマン」にて2014年5月にWebアンケート。有効回答数299件(22歳~34歳の働く女性)。

お役立ち情報[PR]