お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 ボディケア

ジャグジーの衛生面に警鐘!危険な細菌が潜んでいる可能性も―米調査

米疾病管理予防センター(CDC)の伝染病学者、Michele Hlavsa氏と、アリゾナ大学の微生物学と環境学の教授であるCharles Gerba博士は、ジャグジーやホットタブは温水であるため、ばい菌が繁殖しやすい環境になると説明。

【夏の「汚部屋」は美容にも健康にも最悪って知ってた!?】

こうした環境下でよく見つかるのが緑膿菌で、いわゆる緑膿菌性毛包炎という、発疹が現れる毛穴の感染症を引き起こすもととなるのだそう。Hlavsa氏は「人は浴槽の中に長時間座っているのを好む傾向にあるため、その分汚染された水にさらされている時間も長くなる」と話しています。

こうした菌に加えて、さらに警戒すべきだとしているのは「レジオネラ症」。レジオネラ菌によって引き起こされる肺炎の一種で、湯気から吸い込むことで感染します。呼吸困難や意識障害を併発し、死に至ることも!

また、人間そのものが菌を持ち込んでいることも忘れずに。Gerba博士は、「人間は平均しておしりの溝部分に10分の1グラム程度の排泄物が付着している」と指摘し、5人集まれば「ちっちゃいスプーン分くらいの排泄物が浴槽の中に集まる」としています。

このほか、尿や汗などの他の排泄物が塩素に反応すると、クロラミンという刺激物を作り出すため、目や気道に痛みを感じることも。

CDCは、さらにメイクや日焼け止めが殺菌剤の効き目を弱めてしまうため、ジャグジー前の入浴を勧めているほか、水を口に入れないようにと呼びかけています。

やはりお湯でのリラックスタイムは個人用の湯船につかるのが一番衛生的なのかもしれません。

Deadly germs, sweat and a tablespoon of FAECES: The truth about what really lurks in your hotel hot tub will make you NEVER want to take a dip again
http://www.dailymail.co.uk/travel/article-2639586/Deadly-germs-sweat-tablespoon-feces-The-truth-really-lurks-hotel-hot-tub.html

お役立ち情報[PR]