お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

点を付けるかどうか、どこに点を付けるか一瞬迷ってしまう漢字1位「博」

漢字の書き取りは、学生時代にさんざんやりましたよね。それなのに、大人になって漢字を書く機会が減り、徐々に思い出せなくなってきた人も多いのでは? 特に、点のある・なしといった細かい部分は忘れがち。今回は読者364名に、点を付けるかどうか、どこに点を付けるか一瞬迷ってしまう漢字について聞きました。

【シニア夫婦の関係を表す漢字―男性は「和」、女性は「忍」】

Q.点を付けるかどうか、どこに点を付けるか一瞬迷ってしまう漢字を教えてください(複数回答)
1位 博 31.9%
2位 専 24.7%
3位 璧 12.9%
4位 慕 8.0%
5位 敷 6.0%

■博

・「博は旦那の名前にあるが、いつも迷う」(30歳女性/情報・IT/技術職)
・「右上に点をつける漢字はまぎらわしい」(30歳男性/商社・卸/営業職)
・「二つ必要か、ちょっと迷う」(29歳男性/情報・IT/クリエイティブ職)

■専

・「毎回迷う」(29歳女性/医療・福祉/専門職)
・「『二個付けるっけ』といつも迷う」(30歳男性/運輸・倉庫/技術職)
・「博と一緒で、点を付けたくなる」(26歳男性/医療・福祉/専門職)

■璧

・「これはよく間違える」(34歳男性/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)
・「普段パソコンばっかりなので、画数が多いと手元がおぼつかなくなってくる」(30歳女性/電機/秘書・アシスタント職)
・「いつも迷って、適当にごまかしてしまう」(35歳女性/情報・IT/技術職)

■慕

・「一つ余分な気がする」(31歳女性/小売店/販売職・サービス系)
・「曖昧に書いてごまかす」(37歳男性/情報・IT/技術職)
・「PCを使うようになって書けなくなった」(31歳男性/金融・証券/専門職)

■敷

・「実際に書くとき迷って、スマホで確認する」(30歳女性/商社・卸/事務系専門職)
・「『敷って、点付けるんかな』と、一瞬迷う」(33歳男性/自動車関連/営業職)
・「どっちでも違和感がないから」(34歳女性/通信/事務系専門職)

■番外編:毎回悩んでしまいます

・穂「いつも『右上に点あったっけ?』と携帯で確認してしまいます」(33歳女性/医薬品・化粧品/事務系専門職)
・恵「恵はいつも迷います」(44歳男性/ソフトウェア/事務系専門職)
・捕「いつも辞典で確認しています」(30歳女性/金融・証券/事務系専門職)

●総評
1位は「博」でした。迷ってしまうのは、右上の点ですね。2位にランクインした「専」の場合には、点は不要。しかし、「博」には右上の点が必要。この違いによって、いざ書くとなったときに迷ってしまう人が多いようでした。

3位に入ったのが「璧」。「完璧」と書くときに登場する漢字ですね。下の部分は「王」ではなく、「玉」。カベの場合には下が「土」になって「壁」と書きます。この辺がごっちゃになってしまって、ややこしい漢字です。

4位には「慕」がランクイン。迷ってしまうのは下の部分です。左側は点が一つなのに、なぜか右側は二つ。なぜこんなデザインになってしまったのか……とも思いますが、間違えないように覚えておくしかありませんね。

番外編では、「恵」という回答も。よく人名に使用される漢字ですから、間違って覚えていると失礼にあたるケースも多いでしょう。「恵」の場合、点は必要ありません。どうしても迷ったら、今は携帯やスマホという便利なものがあります。

一度確認してから書く習慣を付けた方が早いかもしれませんね。
(文・OFFICE-SANGA 森川ほしの)

調査時期:2014年4月15日~2014年4月22日
調査対象:マイナビウーマン読者
調査数:男性130名、女性234名
調査方法:インターネットログイン式アンケート

お役立ち情報[PR]