お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 働き方

お母さんになると仕事が一層デキるようになる―マイクロソフト

家事に育児、はたまた週5日間の会社生活、そんなハードスケジュールをこなすワーキング・マザーたちに関して、マイクロソフト社が2,000人の女性と社員500人を対象にアンケート調査を実施。この調査によると、なんと女性は母親になった後、仕事がよりできるようになるということが明らかに!

【年60時間も短縮!? ママ応援「自分時間」が増える便利グッズ9選】

回答者の女性のうち約3分の2(62%)が、子供を持った後、同時に複数の仕事をこなすマルチ・タスクスキルがアップしたと答えており、46%の人がタイムマネジメント・スキルが上がったと答えています。また、27%は物事を整理するスキルが上がったとも。

また、社員たちの回答からもこうしたワーキングマザーのスキルを肯定する結果が。過半数(57%)の社員が子供のいない人に比べ、チームプレイヤーとしてのスキルがあるとしており、29%の社員は、女性が母親になった後にチームワークが向上し、35%の社員はマルチ・タスクスキルがアップすると答えたとのこと。

こうしたワーキング・マザーたちの活躍を陰で支えるテクノロジーの発達の存在も大きいもよう。モバイル機器などの活用や在宅出社などが可能になることで、母親女性たちの2~3割は1日1~2時間を稼げるようになったとのこと。

ある回答者の女性は、時間に追われる中も「ソーシャルメディアなどで友人たちと繋がることができ、赤ちゃんのおむつを替える場所も(モバイルなどで検索して)見つけることができる」と話しています。

こんなパワフルなワーキング・マザーたちの25%は、「配偶者たちの2倍生産性が高い」と思っているのだとか。
マルチタスクをこなすには、テクノロジーツールも確かに強い味方。でも、やはり仕事も家事、子育ても楽しみながらこなすのが一番でしょうか?

Becoming a mother ‘makes women better at their jobs by sharpening their skills’
http://www.dailymail.co.uk/health/article-2636964/Becoming-mother-makes-women-better-jobs-sharpening-skills.html

お役立ち情報[PR]