お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 ボディケア

「早食い」も「長食い」もダイエットの敵!? 食べ過ぎないための賢い食べ方って?

奥田弘美

太らない食生活のためには、食事の内容だけではなく「太らない食べ方」も意識することが大切。食べ過ぎないための食べ方とは、下記の4つのうちどれでしょうか?

A.10分以内で手早く食事を済ます
B.20分以上30分以内を目安によく噛んで食べる
C.コース料理のように1品ずつ並べ、1時間半ほどかけてじっくり噛んで食べる
D.3食にまとめて食べず、小腹がすくたびにちょこちょこと食べる

 

正解は、Bの「20分以上30分以内を目安によく噛んで食べる」です。

太りやすい人の食べ方で特徴的なもののひとつが、短い時間でお腹がパンパンになるまで食べてしまう「早ドカ食い」。また、食卓に長時間ステイしてダラダラ食べ物をつまんだり、家事の間に少しずつ食事やちょこちょこおやつを食べたりといった「ダラダラ食べ」も良くない例に挙げられます。ダイエットのためには、このどちらでもない20分以上30分以内を目安とした「短時間集中食べ」をするのがベストです。では、いったいなぜ「早食い」「長食い」は太りやすいのでしょうか。それは、血糖値の上昇や消化のしくみに答えがありました。(詳しくは、続きを読む)

(Playce)

お役立ち情報[PR]