お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

Wデートのお誘い。あの子だったらOKしてくれるかな

水曜のスポーツクラブ。
わたしと由布ちゃんは並んで、
トレッドミルのスタートボタンを押した。
ゆっくりと動き出すベルトコンベアの上、
わたしは少しドキドキしながら例の提案をする。

「あの、今度よかったら豊さんも、
それからウチの健治も呼んで、
4人で会ったりとか……しない?
あ、無理だったら断ってもらって、
ぜんぜんかまわないんだけれど」

こういう誘いは、とかく慎重さが大事。
友人とその彼氏との距離や交際の実態が、
おおよそわからない限り、動かない方がいい。

でも、なぜだろう。
トレッドミルの上で歩きながらだと、
普通は言いにくい提案も自然と口からこぼれる。
それに由布ちゃんのところはラブラブだから、
きっと大丈夫じゃないかなあ、と。

由布ちゃんはこちらに顔を向けると、
ニッコリして言った。
「後で豊にちゃんと聞いてみるけれど、
たぶん、大丈夫だと思う」

お役立ち情報[PR]