お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

どんな風景が広がっているのか気になるバス停の名前1位「エデンの園(兵庫県宝塚市)」

日本各地のバス停には、変わった名称が多くあります。夢のあるものから、中には人ならざる者が出てきそうな停留所名も。そんなイマジネーションをかき立てるバス停を読者364名に聞きました。

【女性に聞く!インパクトがありすぎて忘れられない地名ランキング2位「鬼首」】

Q.どんな風景が広がっているのか気になるバス停の名前を教えてください(複数回答)
1位 エデンの園(兵庫県宝塚市) 30.8%
2位 愛の家前(福岡県北九州市) 28.0%
3位 鬼死骸(岩手県一関市) 22.0%
4位 ねぎ屋敷(岩手県滝沢市) 19.5%
5位 犬の墓(和歌山県紀の川市) 18.7%

■エデンの園(兵庫県宝塚市)

・「一度はみてみたい感じがする」(36歳男性/警備・メンテナンス/販売職・サービス系)
・「宝塚ということもあり、綺麗な風景が広がっていそうな気がするから」(30歳女性/商社・卸/秘書・アシスタント職)
・「天国みたいな名前なので」(51歳男性/情報・IT/技術職)

■愛の家前(福岡県北九州市)

・「昭和を感じる」(31歳女性/金融・証券/営業職)
・「名前にインパクトがあった」(26歳男性学校・教育関連/事務系専門職)
・「愛の家って、どんなとこ?」(26歳女性/金融・証券/営業職)

■鬼死骸(岩手県一関市)

・「怖いもの見たさ」(47歳男性/建設・土木/技術職)
・「ホラーっぽくて気になる」(35歳女性/医療・福祉/専門職)
・「恐そうな名前だけど、実際には美しい景色があるかもという期待感」(44歳女性/マスコミ・広告/クリエイティブ職)

■ねぎ屋敷(岩手県滝沢市)

・「どんな屋敷が見てみたい」(48歳男性/情報・IT/技術職)
・「名前通りの風景だと面白い」(31歳女性/運輸・倉庫/営業職)
・「すごそう。ネギがたくさんあるのでしょうか?」(40歳女性/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

■犬の墓(和歌山県紀の川市)

・「名前が怖い」(29歳男性/金融・証券/事務系専門職)
・「羅生門のようなイメージです」(31歳女性/ソフトウェア/事務系専門職)
・「たぶん違うものがあると期待」(32歳女性/医療・福祉/専門職)

■番外編:ほのぼのしていそう?

・あったかホール前(東京都八王子市)「ほんわりしているから」(27歳男性/医療・福祉/事務系専門職)
・極楽(愛知県名古屋市)「癒されそう。ネーミングが好み」(42歳男性/建設・土木/営業職)
・小豆餅(静岡県浜松市)「なんでそんな名前になったか気になる」(29歳女性/医療・福祉/専門職)

●総評
1位は「エデンの園」が獲得。阪急バス「エデンの園行」の終点のバス停です。エデンの園とは、この地域にある介護付き有料老人ホームのこと。静かなイメージがありますね。2位「愛の家前」は、救護施設の名称から名づけられたようです。

3位は「鬼死骸」がランクイン。岩手県の山村を走る一本道の、のどかなバス停です。その昔、坂上田村麻呂が鬼退治をして死骸を埋めたところと言われています。昔話の雰囲気そのままの自然が残る里が広がります。

4位は「ねぎ屋敷」。この地域の住所は岩手県滝沢村「袮宜屋敷」なので、これをわかりやすく平仮名にしたのでしょう。野菜の葱ではなく、一般的には禰宜(袮宜)と呼ばれる神職名のこと。昔はそのお屋敷があったのでしょうね。

癒し系とも言えるバス停の名称がワンツーフィニッシュ。壮大なドラマがあった土地かと思いきや、施設名称をとったバス停でした。鬼屋敷は古代を舞台にしたドラマそのもの。歴史ロマンに思いを馳せるバスの旅、という余暇の過ごし方も良いかもしれません。

(文・OFFICE-SANGA 秋田茂人)

調査時期:2014年4月15日~2014年4月22日
調査対象:マイナビウーマン読者
調査数:男性130名、女性234名
調査方法:インターネットログイン式アンケート

お役立ち情報[PR]