お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 ボディケア

この夏は絶対に水着を着る!5kg落ちたダイエット方法とは?

加齢とともに確実に衰えていく新陳代謝。「学生時代は簡単に体重が落ちたのに……」と、感じる女性も多いのではないでしょうか。ダイエットはまさに女性にとって、切っても切れない永遠のテーマです。「来週のデートまでにこのお腹の肉を何とかせねば(泣)」という、切実な悩みを抱えるそこのあなたに朗報。

【ダイエット男子急増中!「ダイエットしてる65%」「ヘルシー気にする82%」】

実践してみて本当に効果があった!という真剣勝負のダイエット法だけを選りすぐってみました。本気を出せば……、と考えているそこのあなた、要チェックです。

●短期間で確実に体重を落とすなら「断食」

5日間、とにかくゼロカロリーに近いものだけしか摂らず、ほぼ断食状態に。はじめは空腹感に苦しみますが、「脂肪が燃焼されている!」と思うことにして気を紛らわしました。体重が落ちるのがだんだん快感になるし、空腹感は徐々に慣れます。5日間で3.8kg落ちました。(東京都/女性/32歳)

プチ断食、週末断食、断食道場などが話題になる昨今。一定期間、食事量を著しく減らしたり、摂取するものを制限したりします。断食には新陳代謝を良くする、脂肪を燃焼しやすくする、便秘をなくすなどといったメリットが詠われていますが、正直その意見は賛否両論。

また、正しい知識を持って行わないと、当然危険が伴います。しっかりと調べた上で実施しましょう。

●3週間で-5kg減「糖質オフ」

とにかく、米、パン、麺などの炭水化物を食べない、という糖質オフを実践しました。時々、どうしても食べなきゃいけないシチュエーションもありましたが、手をつける程度で我慢。それに加えて、夜は20時以降は食べないという条件を付けたら、なんとマイナス5kgを達成!(東京都/女性/29歳)

糖質オフダイエットとは、炭水化物の過剰摂取をやめ、かわりにタンパク質と脂質をメインに食事をするというダイエット法です。3週間で約5kg減を実現させた方によると、当然のことながらお腹や二の腕、太ももをはじめ、体のあらゆるパーツが全体的にサイズダウンしたのだとか。

糖質オフダイエットは主食である炭水化物を限りなく食べないという、生活習慣そのものから見直さねばならないこともあり、それを続けるのはなかなか至難のワザ。また、極端な糖質制限もリバウンドの元ですので、しっかり調べて、実施しましょう。

●ただ、ひたすら走る!「有酸素運動」ダイエット

食べることが大好きなので食事を減らすダイエットは向いていないと思い、帰宅後2時間、とにかく走りました。雨の日は家で昇降運動をしてフォロー。その結果、日常生活のささいな運動でも脂肪が燃えるような感覚を覚えるようになり、結果的に1ヶ月で3kgほど落ちました。(埼玉県/女性/36歳)

ダイエットには有酸素運動が効果的なのはご存知の通り。有酸素運動では体脂肪が効率よく燃焼されるとともに代謝もアップします。そこに食事制限を加えれば、間違いなく理論的には体重が落ちるでしょう。ランニングやウォーキングのほか、手軽に取り入れられるヨガやストレッチも有酸素運動の一つです。

■まとめ

短期間で間違いなく痩せる!とお墨付きをもらったダイエット法を紹介しましたが、断食、糖質オフ、有酸素運動いずれにしても自己流でやるのはおすすめしません。どんなダイエットでも何をやろうと、消費カロリーが摂取カロリーを上回らなければ決して痩せることはありません。

あまりにも過激な自己流のダイエットではリバウンドして返って体重が増えてしまうこともあることを承知の上で、自分にあったダイエット法を見つけてください。

お役立ち情報[PR]