お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

ぶっちゃけ、働く子育てママは同僚に対する不満がある? 「子供が熱出して休むと、嫌みを言われる」

同僚の何気ない言動に不満を感じるのは、子育て中の働くママに限ったことではありません。しかし、自分自身が子育て中だからこそ感じる不満というのもあるもの。今回は、働く子育てママに「子持ちゆえに感じる、同僚への不満」をぶっちゃけてもらいました。

Q.<働く子育てママへ質問>子持ちゆえに感じる、同僚への不満がある?

ある 18.4%
ない 81.6%

■子育てママの大変さをわかっていない

・「アフターの付き合いが少ないことを批判された」(22歳/その他/事務系専門職)

・「子供の急な発熱などで、早退したり仕事を休んだりして迷惑をかけることは申し訳ないと思うが、何日か連続で休んだ次の日に会社に来たら、仕事がかなり山積みになっていたりするので、少しは協力して手伝ってほしいなと思うときがある」(32歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

・「子育ての大変さを知らない」(31歳/アパレル・繊維/事務系専門職)

子供がいることで付き合いが悪くなったりするのは、心苦しいと思っているのにそれをあからさまに批判されると「もう少し、働く子育てママの大変さをわかって!」と言いたくなっても仕方ないですよね。

■子供が理由の休暇や早退に否定的

・「早退するときに仕事を頼むと、嫌な顔をされる。『旦那さんは?』と言われてショック」(30歳/機械・精密機器/秘書・アシスタント職)

・「子供がいない人には(結婚していない人)には分からないだろうけれど……。子どもの急病で休んだり、残業できないのは仕方ないのに、陰で言われるのはつらい」(32歳/医療・福祉/専門職)

・「子供が熱を出して休むと、嫌みを言われる。『ホントは仮病じゃないの』と言われた」(32歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

突然の発熱など、子供の体調変化は仕方のないことなのにウソをついて休んでいるように言われるのは辛いですね。仕事が忙しいときには余裕もなくなるのかもしれませんが、もう少し思いやりがほしいものです。

■<同じ立場の働く子育てママへの不満>職場で公私混同

・「子供の自慢ばかりする」(23歳/医療・福祉/専門職)

・「家庭のことを優先しており、仕事がはかどっていないこと」(23歳/医療・福祉/事務系専門職)

・「何かあるたびに子供の写真を見せられる」(27歳/情報・IT/事務系専門職)

職場に自分自身の家庭のことを持ち込みすぎる同僚を見ると、自分自身が押さえている部分と比較して歯がゆい思いをするのかもしれませんね。

■働く子育てママの立場が悪くなるような言動

・「子持ちなことで迷惑をかけると思っていない一言。私がいなきゃだめでしょ。おいおいと思った」(32歳/金融・証券/事務系専門職)

・「妊娠してからただでさえ時短勤務なのに、寝てた」(31歳/情報・IT/技術職)

・「きちんと仕事をしない」(29歳/ホテル・旅行・アミューズメント/営業職)

自分自身の経験からわかる妊娠、子育て中に働くことの大変さ。妊婦であること、働く子育てママであることに甘え過ぎている同僚には不満を感じるとともに、自分が同類と見られてしまうことへの危機感もあるのかもしれません。

お互いの立場が変われば見方も変わるものですが同じ立場だからこそわかることもあるので、同僚でもあり、働く子育てママでもある女性への不満も少なくはないようです。大変さをわかってフォローしてくれている同僚に負担をかけ過ぎないよう、自分自身も頑張りすぎないよう、バランスを取ることが必要なのかもしれませんね。

(ファナティック)

※『マイナビウーマン』にて2014年4月にWebアンケート。有効回答数76件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]