お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

キャベツをペット代わりに散歩させる若者が急増中の真相―中国

何かと世界を騒がせることの多いお隣の国中国。どうみてもミッキーマウスのパクリとしか思えないようなキャラクターをはべらせたテーマパークや、偽ブランド品があふれかえっているコピー王国としても知られています。

【不眠の原因は遺伝子にあった―ベストな解決策は「散歩してリラックス」】

常識という言葉が当てはまらない型破りなスタイルを保っている中国ですが、若者たちに異変が起きていると海外メディアがこぞって伝えているニュースがあります。

一体中国の若者に何が起きたのでしょうか。

Huffington Postが伝えたニュースによると、最近中国の若者の間でペットの代わりにキャベツを散歩させるのが流行っているというのです。

キャベツってそうあの野菜のキャベツです。

あのキャベツに犬を散歩する時に使うようなリードをくっつけて、地面をひきずりながら歩き回るのです。
どうみてもホラーとしか思えない世界観ですが、若者たちは意外と楽しんでいるようです。

ある17歳の男子は「キャベツと散歩すると、僕の抱えているたくさんの悩み事や不安をキャベツが受け止めてくれると感じるんだ。キャベツと一緒に出かけて、帰ってくると僕の気分はかなり軽くなっています。」

また他の男子は「キャベツは家族よりも、僕のことをわかってくれているんだ」と述べています。

うーん。かなり病んでいるとしか思えない若者たちのコメントです。それほどまでに毎日の生活でかかってくるストレスが多いのでしょうか。

実はこれはただのパフォーマンスだったのです。中国の芸術家のHan Bingさんが若者にキャベツを散歩させている姿を写真に収めるためのものだったということです。となると、上記の若者たちのコメントは面白半分であると考えた方がよさそうです。

彼らのコメントがあまりにも真に迫っていたために中国ではキャベツを散歩させるのが今のトレンドであると世界中が注目してしまったのが、芸術家の思うツボだったのかもしれません。

Teens Taking Cabbages On Leashes For Walks (UPDATED)
http://www.huffingtonpost.com/2014/05/02/cabbages-for-walks_n_5254589.html

お役立ち情報[PR]