お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

ここが違う!モテる男性とモテない男性の違い「モテる人は自分がモテると思っている」「マメさがほどよい」

世の中には、見るからにカッコいい男性が存在します。

【女性に聞いた!私がモテモテだった理由「モテるための努力をしていた」「理系で女子が少ない」】

そういう人はもちろんモテるのだと思います。が!中には、見た目は普通でもなぜかモテる人っていませんか?

あの人、イケメンってわけじゃないのに、なんか好き。と、多くの女性が感じてしまうその魅力は一体どこからきているのでしょう。

今日は、そんなイケメンでなくてもモテる男性の特徴についてまとめてみました。

■自分がモテると思っている

これは意外な特徴だと思われるかもしれません。確かに、他の要素との組み合わせによっては、タダの悲しい勘違い男になる可能性はあります。ですが、モテるためには大事な要素なのです。

例えば、「自分をモテない」と思っている男性。

そんな男性が魅力的に思えるでしょうか。

答えはNOです。

モテないと思っている男性は、女性に対してどこか腰が引けている感じで、押しも弱いのです。女性には多少なりとも押されたい、男性に主導してもらいたいという欲求があります。そんな男性は、物足りないと思われてしまうでしょう。

また、モテないと思っている男性はとにかく自分に自信がないことが多く、頼りなく思えてしまうものです。さらにそれがコンプレックスまで発展すると、そのコンプレックスから逃れようとして、逆に他の面で偉そうにふるまってしまうことも。
そうなると、さらにモテない方向へと進んでしまうことになるのです。

■ほどよくマメ。

モテる人の特徴は、男女問わずに言えることですが、とにかくマメなこと。マメでないと、モテないばかりか恋愛を長続きさせることも難しいでしょう。ですが、マメすぎると気持ち悪がられる可能性があります。

モテない男性は、面倒くさがりで極端な人が多いです。

そんな彼がある時、「頑張ってマメになってモテよう」と思い立ったとします。

彼らには「ほどよく」という感覚がなく、何をするにも偏ってしまいがちです。メールをすごく頻繁に送ってしまったり、すごい速さで返信してしまったり。お目当ての女性の送迎を申し出てみたり、彼女の好きなものを毎日のように買って渡したりなど、やりすぎてストーカー呼ばわりされてしまうことも。

その点、モテる男性は、決して踏み込みすぎることなくほどよい距離感でマメさを発揮できるのです。

押し付けがましくなく、ちょっと気持ちが温かくなるようなマメさは、女性の心をつかむのに十分な温度と言えます。

■何をするにも大事!空気読み。

例えば、個人的な飲み会の席で同席した人が「新しい会社はなんかなじめないんだよね。まあいいんだけど」と言ったとします。内容はネガティブですが、口調は軽く、特に悩んでるという雰囲気ではありません。

そんな時、モテる人の発言はこんな感じです。

「そうなんだ。まあ、一緒にいる時間が長くなればまた変わるかもしれないし。無理やり社内で仲良くする必要もないし、またこうやって飲みにいこ」

この回答には、未来に希望を持たせつつ、最終的には「俺がいるじゃないか」という安心感があります。相手の友人は、気持ちが軽くなるはずです。

一方、モテない男性の発言はこんな感じです。

「どうしてなんだろうね。例えば、天気とかの話でもいいから、毎日話をするようにしてみたらどう?僕の場合は、他の人の仕事を手伝ったりして、コミュニケーションをとる回数を増やすようにしてるよ」

会社での友人がどういう状況なのかわからず、先入観のみで発言をしています。友人は、「なじめない」と言っただけで、「話していない」とは言っていないのです。

しかも、特に解決策を求めている様子でもないため、会話に温度差が生まれ、話の論点がズレている印象すら受けてしまいます。

空気が読めるかどうかということは、本当に大事なことです。たとえ同じ発言をしたとしても、その場の空気で全く違う印象になる場合も多いのです。

空気が読めないことで、会話がかみ合わずに「あの人ズレてる」というレッテルを貼られてしまうことも。

■ほどよくオシャレ

モテる人は、さりげなくオシャレです。スタイルがよくなくても、イケメンでなくても、自分をよく見せられる服装を知っているのです。当然、髪形にも気を使っているので、全体的にみるとステキに見えたりします。

身にまとう雰囲気がすてきだと、イケメンに感じたりするものです。

一方、モテない人はまず自分をよくわかっていません。何が似合うのかわからないのです。それは劣等感から自分の外見に興味を持たないようにしているからかもしれません。

自分を客観的に見ることができなければ、自分に似合うものなどわかるはずがありません。

そのため、服装も「着心地」「使いやすさ」「店員のすすめ」などで選んでしまうことも多く、オシャレからどんどん離れて行ってしまうのです。

オシャレの基本は、やはりその人を引き立てるか、似合っているかということに尽きるのです。そのために、自分を客観的に知ることが大事です。

このように、たとえイケメンでなかったとしても、オシャレで気遣いができて、自信のある男性はステキに見えるものです。

また、内心「モテたい」と思っていたとしても、それをうまく隠すことができるのです。

「周囲から見た自分」というものを客観的に意識できることも大事な要素だと言えます。

■まとめ

モテない人は、「自分のことで頭がいっぱい」なことが多く、そのため空気も読めずに、先入観や思い込みで会話をしてしまいがちです。女性は「この人は私のことを分かってくれない、見てくれてない。」と感じてしまうでしょう。

モテないと思う人は、自分のことばかり考えずに、周囲の人に興味を持ってみるとよいかもしれません。

お役立ち情報[PR]