お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音雑学 デート・カップル

どっちの彼がいい?「イケメンじゃないけどおごり」>「イケメンだけど割り勘」

できればイケメンと付き合いたい。デートでは、スマートにおごってほしい。……でも、そのどちらか一つだけしかかなわないとしたら? 「イケメンだけど割り勘の彼」と「イケメンじゃないけどおごってくれる彼」、どちらを選ぶか働く女性に聞きました。

【「イケメンは人気者!」は勘違い!? 「イケメンが苦手」な理由って?】

Q.デートのときの食事代がイケメンだけど割り勘の彼か、イケメンではないけどおごってくれる彼なら、どちらを選びますか?

イケメンだけど割り勘の彼……37.8%
イケメンではないけどおごってくれる彼……62.2%

彼氏の顔よりも、「おごってもらえる」ことの優先順位が高い女性が多いと判明。では、それぞれの理由を聞いてみましょう。

■「イケメンではないけどおごってくれる彼」がいい

・「女性が支払うものではないと思います」(30歳/ソフトウェア/秘書・アシスタント職)

・「おごってくれる、その心がイケメン」(31歳/マスコミ・広告/事務系専門職)

・「イケメンでもおごってくれないと、ブサイクに見えてきそう」(33歳/アパレル・繊維/クリエイティブ職)

・「割り勘かどうかは気にしないが、イケメンが苦手」(28歳女性/団体・公益法人・官公庁/その他)

・「イケメンは飽きるから」(33歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

男女平等社会と言われる今でも、「食事代は男性がおごるもの」だと思っている女性は、まだまだ多いよう。一方で、割り勘かおごりかの前に、「イケメンが嫌だ」という回答も意外と多く見られました。

■「イケメンだけど割り勘の彼」がいい

・「何においてもイケメンが良い」(29歳/電機/技術職)

・「イケメンにはお金をはらう価値があるから」(37歳/マスコミ・広告/クリエイティブ職)

・「ワリカンをなんとも思わない。むしろおごられるのが申し訳ない」(31歳/小売店/販売職・サービス系)

・「おごられるのは借りを作るようで嫌い」(30歳/小売店/秘書・アシスタント職)

少数派とはいえ、経済力よりも顔を重視する女性は全体の4割を占めました。ただ、中にはイケメンかどうかは置いておいて、単に「おごられるのが嫌い」という女性もいるようです。

「イケメンの彼」VS「おごってくれる彼」。どちら側の言い分も「確かに……」と思わせられるものがありました。さて、あなたならこの究極の2択、どちらを選びますか?

※『マイナビウーマン』にて2014年4月20日~27日にWebアンケート。有効回答数320件(働く女性)

お役立ち情報[PR]