お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 ボディケア

裸族は当たり前? 女子がひとりのときにやってること「乳首の掃除」「妄想恋愛」

家で過ごすひとりだけの時間は、本能のままに何でもできちゃう一方、ふと我に返ると「人には絶対に言えない!」と思うこともありますよね。そこで、働く女子に自宅でひとりのときにやっていることを打ち明けてもらいました。

■裸族派多数!

・「寝るときは裸族」(27歳/食品・飲料/クリエイティブ職)
・「ノーパンで就寝。夏の寝苦しい日にやってみたら気持ちが良かったので、真冬いがいはいつもノーパンで眠っている」(28歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

多かったのは「裸族派」。全裸でなくとも下着姿だったり、「トランクスを履いています」なんていう人も。とくに夏は気持ちいいですよね。

■キレイはひとりの時間に作られる

・「ひたすら脇毛を抜く。つるつるなのはエステじゃありません……」(25歳/商社・卸/事務系専門職)
・「髪の縮れ毛を見つけると抜いた上でコレクションしておく」(26歳/情報・IT/技術職)
・「乳首の中に時々ゴミみたいなのがたまるので、乳首をベビーオイルでしっかり磨いています。また、痒い時にはキンカンかムヒを塗っています」(31歳/情報・IT/事務系専門職)

女子としてボディケアは大切な身だしなみのひとつ。お手入れ後はともかく、その様子は見せられないですよね。乳首の汚れには気付きませんでした……。

■オス化、老化……

・「髭剃りしないとひげが生える」(31歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)
・「洗面台の鏡に別の鏡を使って高頭部を映し、白髪を切っている」(28歳/医薬品・化粧品/事務系専門職)

オス化女子は少なくない模様。悲しいかな、老化現象も顕著でした。夜な夜な涙ぐましい努力をしている様子がうかがえます。

■本能のままに

・「家で一人で歌いながら踊る」(23歳/学校・教育関連/専門職)
・「妄想彼氏がいます。ひとりのときはその彼氏との恋愛(の妄想)をひたすら楽しんでいます」(32歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)
・「ジャニーズ中心の生活をしていることを夫は知らない」(30歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

思いっきり好きなことができるのもひとりタイムの特権。とはいえ、こんな姿、誰にも見せることはできません! 同居するご主人に隠す努力はあっぱれですね。

普段、人の目を気にすることが多い分、ひとりの時間は貴重なもの。このひとときがあってこその日常ともいえますよね。これからも好きなことをしつくしましょう!

※『マイナビウーマン』にて2013年8月にwebアンケート。有効回答数165件。22歳~34歳の働く女性

(OFFICE-SANGA 宮野茉莉子)

お役立ち情報[PR]