お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

結婚当日に家事分担を決めれば、幸せな夫婦になれる―研究結果

結婚する前は家事を手伝ってくれると言っていたのに、結婚して今まで夫が家事を手伝ってくれたことはほとんどない……多くの女性が経験する悲しい現実です。

【家政婦も見てる!?家事デキる女性がやっている裏技集】

手伝ってくれない夫でも、会社で一生懸命仕事してくれているからと割り切れるなら良いのですが、そんな簡単にはなかなかうまくいきません。

この「家事問題」は今でも多くの夫婦のケンカの原因になっています。

アメリカのイリノイ大学アーバナ・シャンペーン校の研究によると、新婚夫婦はできるだけ早くきっちりと家事分担を決めて、それを守り続けることで夫婦の関係は向上して行くそうです。

彼らは220組の新婚カップルにアンケートをとりました。妻たちが回答したところによると、もし夫たちが家事の分担に積極的で、手伝ってくれるならいつも心が満足しているそうです。

反対に家事は女性がやるものだとか、仕事で疲れているから今日は皿洗いができないなど、色々な言い訳をつけて家事を手伝わない夫だと、夫婦仲は険悪になる傾向があるそうです。

このことから、研究者たちは幸せな夫婦になる秘訣は家事の分担とそれを何があっても守り続けることであると述べています。

すでに結婚して、この問題で頭を悩ませている女子たちはこの記事を旦那さんに見せてあげれば夫婦仲が回復するかもしれません。これから結婚する予定の女子たちは、結婚する前またはした直後に役割分担をはっきりさせておきましょう。

The Role of Couple Discrepancies in Cognitive and Behavioral Egalitarianism in Marital Quality
http://link.springer.com/article/10.1007/s11199-014-0365-9

お役立ち情報[PR]